ふえげんき

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

【フルート】オススメの時短ウォーミングアップ①(本番前や時間がない人へ)

こんにちは!

 

フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です!

 

フルートを吹かない日が続くと結構不安になりませんか?

 


・音はちゃんと出るかなぁ

アンブシュアがうまく作れるかなぁ

・音の立ち上がりがクリアかなぁ

・音がカスカスだったらやだな

アンブシュアうまく作れるかなぁ

 

などなど。

   

そんなあなたに時短ウォーミングアップを数回に分けてご紹介します!

 

 

 

息を吐くことを助けてくれる筋肉!その名も腹横筋! 

 

今回はお腹を目覚めさせるウォーミングアップ をご紹介します!

 


楽器を吹くうえで大切なのは息を吐くこと!

 管楽器や歌は息が音を出し、表現をします。


息を吐くための筋肉が動ける状態にすることが大切です!!

 


息を吐く=お腹を使う。だとすると。

一番最初に思い浮かぶのが腹筋!!

 


あの6つに割れた腹筋です!

 

 

ですが!!腹筋にも色々な筋肉があるんですよー!

知ってましたか??

 


今回はそのなかでも息を吐くために大活躍してくれる筋肉を紹介します。

 

 

その名も『腹横筋』

 

 

腹筋群のなかで1番体の内側についている筋肉です!

インナーマッスルといったらピンとくる方もいるのではないでしょうか。

 


腹横筋は残念ながら使っている感覚というものはないのです。

 


ですが!腹横筋を使うぞーって考えながら、意識しながらこれからご紹介するウォーミングアップ をやってみてください!

意識することがとーっても大事です!

 

 

正面からからみた腹横筋

f:id:okamotogenki:20190107233728p:image

 

側面からみた腹横筋

 

f:id:okamotogenki:20190107233734p:image

 

この筋肉を目覚めさせるのです!

 

  

お腹を目覚めさせるウォーミングアップ のやりかた

 


タンギングなしで音を短くきる

 

フッ!フッ!フッ!っていう感じで音を短くきってみましょう!

この時に腹横筋を意識することを忘れずにフッフッフッとやりましょう!


ねっ!簡単でしょ??

 
やるときの注意点!

雑音が多くて汚いと思う音が出てしまいますがあまり気にしないこと。

息を吐く筋肉たちを目覚めさせるのが目的です!

 

 

お腹を目覚めさせるウォーミングアップ にオススメの教材

 

♪ソノリテ:アタックと音の連結

♪タファネル・ゴーベール:17の日課練習より No1 No2

ライヒャルト:7つの日課練習 No2

 

などがオススメです!

タファネル・ゴーベールとライヒャルトに関しては全部の日課練習を日替わりでやるのもありかなと。

 

それでは!今週中には②を更新しようと思います!

 

お楽しみに♪

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com