ふえげんき

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

アレクサンダーテクニークってとっつきにくいよね。


こんにちは!フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です。

 


アレクサンダーテクニークのレッスン気になってるけど。受けてみたいけど。

、、、って思っている人に向けて書きます

 

 

 

 

はじめに

 


アレクサンダーテクニークってなんか取っつきにくいですよね。

まずテクニークって言葉が難しそう、、、

 


レッスンを受けてみようかなって調べてみてもイマイチわからないし。

 


不思議な世界が待っているの??

 


アレクサンダーテクニークをやるってなったら特別なことをしなきゃいけないの?

 


自分にできるの?

 


ってたくさんの人がこういったことに悩んでいる思います。

 


だいじょうぶ!

自分もそうでした!

 


ほんとうに演奏に役立つの??

上手くなるの?

楽に吹けるようになるの?

宗教じゃないの?

逆に下手になったらどうしよう、、、とかたっくさん考えました。

 


レッスンを受ける直前、レッスン最中も不安でいっぱいでした。

 

 

 

アレクサンダーテクニークはとっつきにくいから広まらない、、、

 

 

世界にはたくさんのなんちゃらメソッド、なんちゃらテクニークが数多くありますよね。

 


そのなかでもアレクサンダーテクニークは人に伝えることが特に難しい部類かもって思っています。

 


自分自身レッスンを受けるまで悩んだし、何をするのかがイマイチわからない故のこわさ。

それがレッスンを受けよう!という気持ちを邪魔してました。

 


ある一部の業界。

主にパフォーマンスをする人たちの中ではアレクサンダーテクニークというのは少しずつ浸透している気がしますが、アレクサンダーテクニークの認知度はまだまだ低いです。

 これを広めていくのもアレクサンダーテクニーク教師の役割ですね。

いかにわかりやすく、たのしく伝えるか♪

 

伝わりやすい情報と伝わりにくい情報とわけるのであれば、アレクサンダーテクニークは後者だとぼくは思います。

 

たくさん本も出版されてますが、文章は堅苦しいし読みにくい。

ぼくはなかなか読めませんでした。

 

だから人は避けていくんだろうなって思います。

 

もし仮にアレクサンダーテクニークが伝わりやすいものだったとしたら、今よりもたくさんの人が知っているメソッドだったんじゃないかなって。

 


ぼくも言葉は知っていたけど、アレクサンダーテクニークでどんなことをするのかはレッスンを受けるまで知りませんでした。

 

 

ぼくは音楽をしていますが

 


「なにそれ?変な宗教?ほんとうによくなるかわからないやつじゃん」って言う方が多いのが現実です。

興味はあるけどよくわかんないんだよねって言葉はたーーっくさん聞きます。

 

 

 この記事は少しでも多くの人にアレクサンダーテクニークのレッスンはこわくないんだよって伝えられたらと思って書いています。

 

 

 

レッスンを受けてよかった?後悔した?

 


ぼくはレッスンを受けてよかったと思っています!

 


レッスンを受けて後悔していたら教師資格を取ろうなんて1ミリも考えなかったし。

 


人生なにがおこるかわからないよね。ほんとうに。

 


資格を取ろうって考え始めた時は、

将来的に必要になるはず。

人とは違うスキル、武器になるかもって思ってました。

 

 


教えることに興味はあったのか??

 


自分は教えることに一切興味がありませんでした。

 


だって大学で中学・高校の教員免許は取ったけど、人に何かを教えるなんて得意じゃなっ方し。

 

当時はほんとうに教えるのは向いていないと思ってました。

 

大学生のときに何回かフルートを指導するお仕事をしましたが、今思うと本当に下手くそでした。教えるの。

 

なにを教えたらいいのか全然わからなかったんですよね。

 


どう伝えたら彼らは理解するのか。

どうやったら音が出せるようになるのか。

そもそもフルートに興味をもってもらうためにはなにをしたらいのか。

 

その当時の僕にはそういったスキルがまったくありませんでした。

 


だって教えるというより、自分でやってよ!って思ったから。

 


それなのにアレクサンダーテクニークの教師資格を取ろうってなぜか思ったんですよね笑

 

 

アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)としてなにを教えたいのか。

 

 

自分にはまだまだできる!という可能性を広げるサポートをアレクサンダーテクニーク教師として教えたいです!


可能性が広がった先にはいろいろな選択肢があることを知ってほしいんです。

 

選択肢の中にはカラダの使い方のことや演奏中の考え方とかいろいろ。

 

  

レッスンを受けてみたいと考えているあなたへ

 


こわいかもしれませんがレッスンを1度受けてみることを強くオススメします!

 


レッスンを受けたことがない状態で判断するのは自分で自分の成長するチャンスを奪っているんです。

 

僕も大学生の時からレッスンだけでも受けていればってほんとうに後悔しました。

 


ぼくと一緒に勉強している人にはレッスンを受けるまで半年以上迷った。って言っていた方も多くいました。

 


みんな口を揃えてはやくレッスンを受けていればよかったと言います。

 


だから迷っている、考えている人はまずは一回レッスンを受けてみてください!

 


続けるか続けないかは受けてから判断してください。

 

 

あなたの可能性を広げるサポートをできるのを楽しみにしています!


では!

 

レッスンにご興味がある方はこちらの記事もあわせてお読みください^ ^

 

okamotogenki.hatenablog.com