ココロとカラダ 笛元気♪ フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

人にどう思われているのか気になる症候群。の自分

こんにちは!

フルート吹きのげんきです。

 


人前で演奏する時にありがちな考え。

 


聴いている人は自分の演奏をどう思っているんだろう。

どう評価するんだろう。

 


って気にしながら演奏したことありませんか??

 

 

 

僕はしょっちゅうしてしまいます。

 

 

 

気にするあまり自分の納得する演奏をした経験はものすごく少ないです。

 

 

 

自分の心で感じた音楽を表現するのって楽しいはずなんです。

 


なのに人の評価を気にするあまり蓋をしてしまう。

 


それはとても苦しくてもったいないことなんだと思うようになりました。

 


僕が音楽を楽しめる瞬間はレッスンを受けている時が多いことに気がつきました。

 


先生からの提案を試していくうちに、頭の中から評価を気にするというものが消えるんです。

 


その瞬間を楽しみ、次はこれをやってみたらどうなるだろう。ってワクワクしているんです。

 


舞台でもこうありたい!って思いました。

 

 

 

その音楽は生きている僕自身が奏でる。

一緒に演奏する人も毎秒、毎分変化していく。

 


その時、その瞬間を楽しみやりたいと思ったことを選択して共有するのが音楽。

 


そう思って演奏したいと思いました。

 

 

 

ですが。

 

 

 

いざ舞台に立つとそのワクワクが消えるんです。

 


なんてもったいないことをしているんでしょう。

 

 

 

 


本番まで積み上げてきた自分の音楽を自分で否定して舞台に立っているんです。

 

 

 

苦しくて当然。

 

 

 

人からどう思われているか。失敗したらいけない。そんな考えが本番中、本番前にやってきます。

 


そうやって頭の中を汚染していくんです。

 

 

 

その結果ミスをしないようにという思考に辿り着きます。

 


これを僕は自分で自分を守っている演奏だと勘違いしていました。

 


守ってなんかいませんでした。

 


その時はミスなくできたかもしれないけど。

 

 

 

それはミスしないようにした演奏でしかないんです。

 


音楽をしたとは到底いえない。

 

 

 

その演奏に表現したい、伝えたいものはあったのか。

 

 

 

なにもなかったです。

 

 

 

聴いている人や共演者が自分にとっては恐いものでしかなかったんです。

 


どう評価されるのかと気にするあまりこんなにも自分を苦しめていたなんて。

 


やっと気がつくことができました。

 

 

 

 


僕はこの記事を書いている数週間後にコンクールに出場する予定です。

 


目標

演奏しているその瞬間を遊び、楽しむこと。

 


本番までまだ時間があります。

 


自分の伝えたいなにかをもっと明確にしたいと思います。

 

 

 

脱!人にどう思われているか気になる症候群!!

 

 

 

ではまた!