ココロとカラダ 笛元気♪ フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

アドバイスするだけになっていませんか??

こんにちは!

げんきです!

 

 

 

夏といえば吹奏楽コンクール! 

 

 

 

今まさに各学校の吹奏楽部員のみんなが毎日自分たちの目指す音楽をするために一生懸命練習しています。

 

 

 

ぼくもいくつかの学校にフルートパートの指導で関わらせて頂いているのですが、指導している先生が生徒に向けて発している言葉、伝え方にふと疑問に思うことがあります。

 

 

 

生徒たちにいつもアドバイスをしているのにいつまで経っても変わらない。

 


いつまで経っても変わらない。

 


何回も、何回も同じことを言っているのに。

演奏は良くならない。

変化しない。

そして先生がなんでできないんだーーって生徒たちを怒る

 


何回言ったらできるの??って。

いつも言っているじゃん。って。

 


こんな経験ありませんか??

 

 

 

アドバイスするのは簡単なんです。

こんな曲想、音のニュアンスにしたい、強弱にしたい。などなど。

 

 

 

こういう風に演奏してほしい!

 

 

 

それだけを伝えていませんか??

 

 

 

こういう風に演奏してほしい!というアドバイスに対して生徒たちはどうやったらいいのかわからないんです。

 


だから何もすることが出来きない。

 


結果変化が起こらないのではないでしょうか。

 

 

 

 


アドバイスを基に演奏をするにはどんなことを考え、どういうことをしたらいいのか。

 

 

 

これらを生徒たちに伝えていますか??

 

 

 

ただこういう演奏してほしい!と伝えるだけでは生徒たちはまだまだ経験が少ないのです。

 

 

 

だからこそ先生が導き、生徒たちに考えてもらうような指導が大切だと思うのです。

 

 

 

生徒たちはHow to の部分を知りたいのです。

 


先生から頂いたアドバイスをどうやったらできるのか。

 


How to を知りたいんです。

 

 


ここをこういう風にしてほしい!

 


だけではなく

 


こうやって考えてみたらどうなるかな??

こういう風にやってみたらどうなるかな??

 

 

 

ここまで伝えられると生徒たちも安心して先生のアドバイスに取り組むことができると思います。

 

 


アドバイスを基にやってみた結果

 

 

 

うまくできたら褒めましょう!!

 

 

 

うまくいかなかったらまた違う方法を考えればいい。

 

 

 

伝え方を変えてみたらいい。

 

 

 

 


想像してみてください。

 

 

 

もし自分が「なんでできないんだー!」

 


って言われ続けたとしたらどうですか??

 

 

 

演奏するの楽しいですか??

うまくなれる気がしますか??

やる気は出ますか??

 

 

 

もし自分が生徒たちの立場になったとき、アドバイスするだけの指導は指導と言えるのか考えてみるといいかもしれません。

 

 

 

自分に大きな影響を与えてくれた先生は自分にどんな言葉を与えてくれたのか。

 


少し思い出してみるといいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

楽器が好き!

 


演奏が好き!

 


合奏が好き!

 


吹奏楽が好き!

 

 

 

僕は生徒たちがこの気持ちをずっと大切にして欲しいと思っています。

 


ではまた!!