ココロとカラダ 笛元気♪ フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

失敗から何を得るか!

こんにちは!

フルート吹きのげんきです。

 

 

 

練習に失敗はつきものです。

 


その失敗を自分のやりたい演奏につなげていますか??

 


ただ吹いて失敗しちゃった、、、を繰り返していませんか??

 


ぼくの以前の練習の仕方はそうでした。

 


同じフレーズを繰り返し練習し、同じところでつまづいてしまう。

そんなことばかり繰り返してました。

 


失敗しないようにとは考えて吹きますが、

 


なぜ失敗してしまうのか

どうやったらうまくいくのか

 


丁寧に振り返ることをしていませんでした。

 


ただがむしゃらに練習し、できない自分に落ち込んでいました。

 

 

 

建設的な練習と言えるのか。

 

 

 

答えはNoです。

 


ただ繰り返し練習しているだけになっているんです。

むしろ失敗することを繰り返し練習していると言ってもいいと思います。

 

 

 

じゃあどうしようってなりますよね。

 

 

 

失敗をした時に一呼吸置いて、なんでうまくいかなかったんだろうと分析をしましょう。

 


息の出し方は?

息の量とスピードは?

アンブシュアは?

アパチュアの大きさは?

タンギングの発音は?

フレージングやリズムの取り方は?

音色は??

強弱は?

 


などなど

 


たくさんやれることがあると思いませんか??

 


ぼくもつい最近までがむしゃらに頑張ってましたが、これでは無理だとやーーっと理解しました。

 

 

 

もし繰り返し練習をするのであれば!!

 

 

 

こうやってやりたい!という演奏計画を意識的に繰り返し練習することをオススメします!

 


何も考えずまでは言いませんが、ただ繰り返しがむしゃらにやるよりも、より密度の濃い練習になるでしょう。

 


失敗を繰り返していた自分に早く伝えたかったと本当に思います。

 

 

 

練習が楽しく、充実しますように。

 


ではまた!