ココロとカラダ 笛元気♪ フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

「〇〇しなければ」を「〇〇したい」にしませんか??

こんにちは!

フルート吹きのげんきです。

 


練習しているとき

 


〇〇しなければ、、、

〇〇せねば、、、


って考えてしまうときありませんか??

 

 

 

僕も気がついたら〇〇しなければ!!って考えてしまっているときがあります。

 

 

僕の場合〇〇しなければ!的考え方がやってくるのは、試験やコンクール、演奏会、オーケストラや室内楽の練習をしているとき。

 


自分にとって大切な本番のときほど「〇〇しなければ」が強くやってきます。

 

 

なぜ〇〇しなければ!って考えてしまうのか。

 


いい演奏がしたいから!!

 


これに尽きると思います

 

 

 


思い出してみてください。

 


「〇〇しなければ」

「〇〇しないとダメだ」

 

こうやって練習しているときは


たのしいですか?

練習はうまくいっていますか?

やりたい演奏が出来ていますか?

 

 


「〇〇しなければ!」は自分で自分を追い込んでいると思いませんか??

 


もしこの「〇〇しなければ」の考え方を変えることで

 


やりたい演奏に向けて前向きな練習。

充実した練習。

楽しい練習。

 


が出来るとしたらみなさんはどちらを選びますか??

 

僕は後者を選びます!!

 


どんなことを考えながら練習するのか!!

 


本当にシンプルです!!

 

 

 

自分自身に問いかけてください。

 

 

 

このフレーズをどういう演奏にしたい??

 

 


このフレーズは

どういう気持ちなんだろう。

どんな物語の中にいるのかな。

どんな場面だろう。

 

 

 

この問いに対して「〇〇したい!」ってでたら次のステップです!

 


「〇〇したい!」がでたら、その「〇〇したい!」をするためにどんなことをしたらいいのかな?と自分に問いかけてください!

 


アイディアが浮かんできたらとにかく試すのです!!

 


こうやってみたらどうなるだろう?

今度はこうやってやってみたらどうなるだろう?


試してみてうまくいったらどうやったのかをもう一度丁寧に振り返ります。

 


うまくいかなかったらまた違う方法を考えてみます。

今度はこういう風にしてみたらどうなるかな??という具合に。

 


「〇〇しなければ!」の考え方は練習の段階で選択肢を絞ってしまっていて音楽の表現の幅、可能性を閉じてこめてしまっているように思います。

 

 

 

それよりはあらゆる可能性を探る練習の方が楽しくて充実した練習だと思いませんか??

 

 

そして!!


これで行こう!というものが決まったら、再現性を高める練習を積むのです!

 


これ!という結果に至ったプロセスを大事にしでください!

 

 

 

それではまた!