アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

うまくできたところは素直に認めよう!!

こんにちは!!フルート奏者のおかもとげんきです!!

 

みなさんは練習や本番でうまくできたところを素直に認められていますか??

 

なぜ認めることが大切なのか、、、

 

 

うまくできたところを『まだまだです』、『もっとできるはず』と言ってしまうと、気づかないところで自分を否定しているんです。

 

もちろんそういってしまう気持ちもすごくわかります。

ぼくもそうしてきましたから。

 

 

ですが一度区切りとして自分が『できた!!』『うまくいった!!』ということを認識することはとっても大事です!

 

『まだまだ』・『もっとできるはず』って考えると、『もっと練習しなきゃ』とか『自分はできてないから』っていう考えに陥りやすいです。

 

それよりも『できた!!』『うまくいった!!』と認めた上で、『次にどんなことをしたらうまくいくかな??』って考えていくと自然と練習も楽しくなります。

 

 

これを始めると練習の取り組み方が変わります!!

 

 

楽しい練習がループする!!

 

*まず取り組んでいるところを吹きます!!

 

前回の練習よりもできているところも絶対にあるはずです!

まずそこを認めるのです!

 

『あっ!前よりここができるようになった!』って

 

どうしてもここで『やっぱりできてないんだ自分。』って否定の考えにいってしまいますが、まずできたところを褒めましょう!!

 

 

もっとよくするためにどんなことができるかな??

 

はやいパッセージだったら

『ひとつひとつの音を丁寧に聞きながら吹いたらどうなるかな?』

タンギング

『息の量と舌をつく力のバランスを考えながら吹いたらどうなるかな?』

音の響き

『自分の音が360度広い空間に広がっていくと思いながら吹いたらどうなるかな?』

アンサンブル

『一緒に演奏する人のパートを意識しながら一人でも演奏したらどうなるかな?』

 

やってみて前よりもよくなったのか、微妙だったのか、何か演奏に変化は起きたのか、起きなかったのかを考えます。

 

結果少しでも良い方向にいったらこれも素直に『できた!!』と認めましょう!!

 

ここで大抵の人は『いやいや』『まだまだ」と言いがちです。

 

じゃあさらにもっとよくするためにはどんなことができる??

 

上記以外のことを試してみるのです!!

 

このとき大事なのが『〜〜〜してみたらどうなるかな??』っていう考え方です!!

 

『こうしなきゃ!!』『こうであるべき!!』って吹いてうまくいかなかったら、、、

自分はまだまだ、、、っていう思考回路に直結します。

これが負の連鎖を生む思考回路かなと思います。

 

 

練習は気軽に色々なことを試すことのできる場所です。

本番もちょっと勇気はいるけど色々なことを試すことのできる場所です!

 

まとめ

 

*できたことは素直に『できた!!』『うまくいった』と認め、自分を褒めること!!

 

*練習でちょっとでもうまくいったところがあったら『できた!!』『うまくいった』と認め、自分を褒めること!!

 

*こうやってみたらどうなるかな??って色々試すこと!!

試してうまくいったら、『できた!!』『うまくいった』と認め、自分を褒めること!!

 

さいごに

 

自分で自分を褒めるってなんか気恥ずかしいですが、自分を否定しながら練習や本番で演奏するよりは絶対にいいです!!

 

みなさん一緒に褒め上手になりましょう!!

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com