ココロとカラダ 笛元気♪ 〜フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ〜

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

人と一緒に演奏することに恐怖を感じていた自分

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです。

 


アレクサンダーテクニーク(AT)をはじめた理由は単純で、もっとフルートが上手くなりたいから。

 

自分がATをはじめて少しずつカラダの使い方、考え方に変化が起きていくなかであることに気がつきました。

 

オーケストラ、室内楽などで目立つ部分を吹く時に思うように吹けなくなっている自分がいるのです。

 

 なんで吹けないんだろう。苦しい。自分はオーケストラ、室内楽は向いていないのではないか。

 

これは音楽家として、表現者として生きていきたいと考えている自分にとってとても苦しく、辛い現実、大きな壁でした。

 

 

どこを変えたら自分らしく音楽を表現できるようになれるのかを必死に考えました。

 


カラダの使い方よりも自分が人と一緒に演奏する時の考え方を変える必要があることに気がついたのです。

 

以前よりもカラダの使い方は間違いなく発展していっていることは事実として自分の中にあったからです。

 

カラダのことに関しては演奏しながらいろんなことを試したのですが、それでもうまくいかないのです。

 

 

今、必要なのは自分の考えなどを整理することでした。

 

 

オーケストラなどで演奏する時にどんなことを考えているのか、どんなことが起きているのか

 

*失敗を恐れている(自分の失敗がオケ全体のクオリティを下げると考えている)
*一緒に吹いている人の反応が気になる
*安全を求めている
*楽譜ばかり見てしまう

*周りの音が聴こえにくい 

*視野が狭くなる

 

なんでこのような考え方をするようになったのか。中学時代にさかのぼります。

 

中学2年生のときに出た吹奏楽コンクールでピッコロのソロを担当しました。

 

絶対に県大会に行くんだ!関東大会に行くんだ!と毎日一生懸命練習していました。

 

そのときコンクールで吹いた曲は『斑鳩の空』という作品でした。

最後の楽章にピッコロの長いソロがありました。

 

ものすごく緊張しました。

 

ソロを吹き始めた瞬間音が半音低くなっていました。

 

キィに水が溜まっていたことが原因でした。

 

結果は市大会『ダメ金』 県大会には進めずに夏のコンクールは終わりました。

ダメ金は吹奏楽コンクールで一番悔しい賞です。

 

この結果に対して当時の自分は、『ソロで失敗したからダメだったんだ』と思ってしまいました。

 

コンクールが終わった後、部活を辞めようとして親と喧嘩もしました。

こんな辛い思いしたくない。みんなに迷惑をかけたくない。

その一心でした。

 

それでもフルートは好きだからと、部活は辞めずに続けることにして今に至るのですが。

 

『自分の失敗が全体の出来に影響が及ぶ』ということを知ったおかもと少年は『安全な演奏、無難な演奏』を望むようになっていきました。

 

危険なことはしたくない。無謀なことはしない。安全に。

失敗して周りに迷惑をかけたくない。

 

無伴奏の曲はいいのです。自分一人だから。自分の失敗は自分として受け止められる。

ですが、オーケストラなどは違う。

 

オーケストラなどの仕事をするときにいつもこのことを考えていました。

ですがもうこの考え方はおしまいです。

 


【フル音源】組曲「斑鳩の空」(1997年改訂版)/櫛田てつ之扶/Ikaruga/Tetsunosuke Kushida ORMS-82004

 

自分が生き生きと演奏できているときにどんなことを考えているのか、 どんなことが起きているのか

 

*ハモりやリズムのときは楽しく演奏できている

*メロディやソロに対して自分がどう吹いたら引き立つのかを常に考えている

*一緒に吹いている人を観察しながら吹いている

 

書き出してみてわかったこと

 

*ソロや目立つところを吹いているときに自分が失敗しても傷つかないようにしている 

(自分のやりたいと思った表現を否定されるのを恐れている)

*周りの人の反応を恐れるあまり自分から距離を取っていた

*自分自身への信頼がない

*自分がソロを吹いているとき、周りの演奏者の人は引きたててくれる味方である。敵ではない

*自分のソロや演奏がオケの出来を左右すると思っていた。(責任を負うみたいな)

 

 

試してみたいこと

 

 *一緒に演奏する人と自分の距離が近くなるように寄り添うように演奏する

*一緒に演奏する人たちは味方で、ソロなど目立つ場所では引きたててくれる。自分はその上で吹けることを信頼する

 

さいごに

 

演奏者として成長していくためには自分自身への理解が必要だと改めて思いました。

昔の体験、言われたこと。自分の心の奥底に眠っています。

2018年はすっきりとした気持ちで迎えられそうです。

 

ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com