アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

本番前・本番中はとにかくポジティブシンキング!!

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 


突然ですが、みなさんは舞台に立って演奏する時にどんなことを考えていますか??

 


舞台に立つ直前、立つ時にどんな考えをしているかで演奏に大きな変化を生みます。

 


ここで僕の体験を少しお話しましょう。

 

コンクール、卒業試験での体験

 

 

フルートコンクールは大抵一次予選が無伴奏作品を暗譜で演奏するというのが課題になることが多いです。

 

高校三年生のときに出たコンクールでのことです。

 

練習で何度も何度も暗譜で吹けていたはずの曲で次に何を吹くのかがわからなくなってしまい演奏が止まってしまったことがあります。

 

その時のことをよーく覚えています。

冒頭にダ・カーポして終わりに向かう途中のことでした。

 

本当に頭が真っ白になりました。

 

 

そのあと無理矢理曲を終わらせて舞台から去りました。

 

コンクールは一次予選で落選。当然の結果でした。

それから暗譜で吹くことが恐くなりました。

 

そして大学の卒業試験。

 

こちらも見事に暗譜が飛びました!
演奏が止まるということはなかったのですが、一ヶ所フレーズを飛ばして次のフレーズを吹いてしまいました。

 

この時見事についてきてくれた伴奏者の方には感謝しかありません。


この2つの暗譜が飛んでしまった本番には共通点があります!

 

共通点


どちらの本番も、舞台に立つ直前まで「暗譜大丈夫かなぁ」・「暗譜が飛ばないようにしないと」と暗譜のことばかり心配していました。

 

吹いている時も自分の練習してきた表現面よりも、暗譜のことばかりに捉われていました。

 

どちらも暗譜が飛ぶという結果になってしまいました。

 

 

本当に考えたいこと

 

暗譜以外にも、技術的な問題や緊張のことを演奏前、演奏中に考えることが多いと思います。

 

『できるかなぁ、、、』って考えるよりも『前向きなことを考えましょう』!

 

*この曲をどう表現したい? ⇨パレードみたいに楽しく明るく表現したい!

*誰に向けて演奏するの?  ⇨聴きに来てくれた家族のため

*なぜ自分は演奏するの?  ⇨楽器を演奏することが好きだから

*誰と一緒に演奏するの?  ⇨信頼する伴奏者や共演者

*どんな音で演奏したい?  ⇨明るい音・悲しい音・寂しい音 いろんな音で演奏したい

 

などなど

 

舞台に立つ前に自問自答をして『やりたいこと』を明確にすることをオススメします。

 

 

さいごに

 

正直今でも暗譜で演奏することは恐いです。

ですがそこに捉われて演奏することはもったいないのです。せっかく今までやってきた練習を否定し、自分を否定して舞台に立つのですから。

 

それよりも今の自分がやりたいこと・できることを最大限にやるということが大事だと思います!!

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com