ココロとカラダ 笛元気♪ 〜フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ〜

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

【フルート】ビブラートができるようになるオススメの練習法!

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

 ビブラートってどうやったらいいの、、、

 

そんな人のためにできるだけシンプルに練習法を教えます!!

 

 

ビブラートとは、、、音程を細かく上下させ、震えるように音を響かせること

 

結構ビブラートってシンプルなんです!

 

 

音程を上下にゆらすために何をすればいいのでしょうか!

 

 

ここを理解することが大事ですね!

 

 

音程を上下にゆらすために必要なこと

 

まずはフルートの特性を知ることが大切です!

 

*息の量を多くして吹くと音程は高くなります!

 

*息の量を少なくして吹くと音程は低くなります!

 

 

つまり音をゆらすために必要なことは『口から出る息の量を多くしたり、少なくしたりを細かくすること』なんです!!

 

 

練習方法

 

(1)息を多くだしたあとすぐに息の量を減らす (fpを吹く感じで)

 

音程が高くなって低くなるという大きな揺れができるようになります!

 

 

(2)リズムに合わせて音をゆらしてみる

 

下記画像のリズムパターンに合わせて息を多くだして息を減らすを繰り返します

 

4分音符から16分音符テンポに合わせて音をゆらしましょう。

f:id:okamotogenki:20171207224424j:plain

 手書きすみません。。。

 

 

(3)リズムに合わせてpで吹く・fで吹く

 

 

(4)音のゆらす速さをだんだん速くしたり、だんだん遅くしたりする。

 

(5)(4)に合わせてクレッシェンドとディミヌエンドをする

 

この段階までできるようになるとビブラートを意図的にコントロールできるようになったと言えると思います! 

 

 

この練習はフルートがなくても遊び感覚でできます!!

なので歩いているときや、電車を待っているときなどのスキマ時間を利用してやるとすぐにできるようになります!!

 

 

ぼくも今でもよくやってます笑

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com