アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

レッスンで先生に言われたアドバイスは自分でどんどん発展させよう!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

先日ボディチャンス(今通っている学校)のレッスンで自分的にハッ!!とすることがありました。

 

みなさんはレッスンで言われたアドバイスをどのように考えていますか??

 

*先生に言われたことは絶対!!
*次までになんとかしないと!!
*これやったら上手くいったからもっと出来るようにしよう! etc


多くの人がこんな風に考えているんではないでしょうか。

 

僕もそうです。


先生のアドバイスでうまくいくこともあります。

今までとは違う表現や考え方を知ることもあります。

 

これはとってもいいことですよね!

僕も先生のアドバイスからたくさんのことを学びました。

 

多くのアドバイスは先生ご自身の演奏家としての経験から生まれてくるのです。

とても参考になるし、なるほど!と思うことが本当に多いです。

 

 

レッスンで言われたアドバイスを発展させていくのは、先生ではなく生徒です。

 

言われた通りにやり続けることもある程度定着するのに役に立ちます。

 

ですが、ただそれだけをやり続けるのはあまりオススメしません。

 

 

もし、本番で先生に言われたアドバイス通りに吹けなかったら??

 

おそらく僕の場合、演奏はどんどん崩壊していく気がします。

 

一つのパターンしか練習していなくて、それが失敗したことで動揺しさらに緊張してしまうからです。

頭と体はパニック状態です。


だからこそレッスンで言われたアドバイスを基に生徒は自分で発展させていく必要があるのです。

 

どうやって発展させていこう、、、 

 

先生に言われたアドバイスを基にたくさんのパターンを自分で生み出していくのです。

 

たとえば

*先生の言われた通りのアドバイスをAパターンだけを練習する。

 

*Aパターンにプラスして、先生のアドバイスを基にいろいろなパターンを試してパターンを増やしていく練習。

 

どちらのほうが表現の幅を豊かにしていくのか、、、

本番での対応力がついていくのか、、、

 

おそらくたくさんのパターンを増やしていく練習です。

 

どちらかというと僕もAパターンだけを磨いていた側なので、最初は慣れない練習かもしれません。

 

ですが確実にたくさんのパターンを増やしていくことで自分の表現の引き出しが広がるんです。

 

 

さいごに

 

同じことを繰り返し練習することも大切です。

ですがそればかりに偏ってしまうと自分の表現の幅を狭めてしまうんです。

 

だからこそ、失敗しても何をしてもいいからたくさん試してみることをオススメします!!

 

ではまた!!

 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com