アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

お腹を使うってどうやるの?コツは腹筋ギュッよりも腹筋ユルユル!

こんにちは!!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です

 

今回はお腹を使うことについて書きます!

 

 

お腹を使えと言われてもどうやるのかイマイチわからない、、、

 

『お腹を使って!』『息をもっと出して!』と言われたときに多くの人は『腹筋』を使おうと思います!

 

正解です!!

 

 腹筋は息を吐くときにすごく大切な働きをしてくれるのです!!

   

ですが!!

 

『お腹を使おう!』=『腹筋にギュッ』と力を入れことだと多くの人が思っているいます。

 

ギュッてするとお腹を使えている感じがしますが、実はこれをすると逆に息が吐きにくくなってしまうんです。

 

腹筋ギュッは最初に使うよりも息がなくなりそうになるギリギリのときに使いたいんです。

 

 

お腹を使うのってどうやればいいのか、、、

 

 

腹筋が緩んでいることが大切なんです!

 

 

腹筋ギュッよりも緩んでいるほうが息は吐きやすいんです。

 

 

腹筋ユルユルの状態を体験してもらう簡単な方法が2つあります!!

 

【1】椅子の上で膝立ちをして吹く!

 

コツはお尻をちょっと後ろに出すこと。

これで腹直筋が緩んだ状態になります。 

 

 

【2】膝を軽く曲げてちょっとだけお辞儀して吹く!

 

こちらも上と同様にお尻をちょっと後ろに出す感じでやるとやりやすいです。

立った状態で腹直筋が緩んだ状態になります。

 

この2つの状態で吹いているときのお腹周りをよーく観察してみてください。

普段お腹をギュッと使っているときとどんな違いがあるのか。

 

吹きやすいのか。

吹きにくいのか。

 

息は出しやすいのか。

息は出しにくいのか。

 

音に変化はあったのか

なかったのか。

 

などなど

 

たくさんの変化を楽しみながら試してみてください!

 

さいごに

 

管楽器や歌は息を吐くことで音を奏でます。

息を吐くということはとても大切なスキルなんです。

 

僕も腹筋ユルユルを知ってから腹筋ギュッのときより音の響きや音量、息の吐きやすさがよくなりました!

 

 

ではまた!!

 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com