アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

小さな成長と成功を喜ぼう!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です!!

 

突然ですが!!

 

あなたには何か目標はありますか??

 

*ヴィブラートをかけられるようにする。

*はっきりとしたタンギングをできるようにする。

*低音をバリッと鳴らせるようにする。etc

 

僕はフルートのことを目標にすることが多いです!


ですが、設定した目標に対して自分でハードルを高くしてしまうことがあります。

 

まだまだこんなんじゃだめ!!って言っている自分がいるんです。

 

『まだまだ〜』を繰り返すと自分はできていない!って思うようになってしまいます。


せっかく目標に向かって進んでいるのにこれはかなり苦しいです。

ストレスもたまるし、、、練習する気持ちになれないし、、、楽器もみたくないし。

 

このいやーな状態から抜け出すためにしてほしいことは、、、

 

 

小さな成長と成功を認めて、喜びましょう!!

 


目標に向かっていくなかで少しでもうまくできた!!と思ったら「やったーー!!」と自分の成功と成長を喜びましょう!!

 

本当に些細なことでいいんです!!

 

*昨日よりも低音がはっきり出せるようになった!!

*さっきよりもヴィブラートが綺麗にかけられた!! 

タンギングのコツがわかったかも!! etc

 

 

コンクールでの小さな成長と成功!!

 

10月の中旬にコンクールに出場しました!!

目標は納得のいく演奏をしてファイナルでモーツァルトを演奏することだったんですが、結果は一次予選で落選。

 

結果は悔しいですが、それ以上に得たものがありました。

 

それは8月に出場したコンクールでうまくいかなかったことが、今回のコンクールでうまくできたこと。それが自分にとって嬉しい成長でした。

 

〜8月のコンクール〜

控え室で音出ししているときにアゴが震えるという初めての経験をしました。

その動揺を引きずったまま本番を迎え、演奏は納得のいかないところばかりの散々な演奏になりました。

本番前は失敗したらどうしようって後ろ向きなことばかり考えていました。

 

〜10月のコンクール〜

控え室で音出ししているときにアゴが震えました。またか!とちょっと動揺しました。

 

震えるときに自分は何を考えて吹いているかを思い出すと『アパチュアとアンブシュアのことばかり考えている』ことに気がつきました!!

 

『アパチュアとアンブシュア』のことは前よりもうまくコントロールできるようになってるから忘れよう!と思って吹いたらアゴは一切震えることなく吹けました。

 

本番前は待機しているときにどうしてもネガティブな方向に考えがいってしまうので、『自分はできる!できる!自分はできる!』って控え室と舞台袖で言い聞かせていました。

8月よりは気持ち良く舞台に立てました。

 

8月のコンクールより前向きな気持ちで臨めたこと、動揺することがあっても自分でなんとかできたことが自分にとっての小さな成長と成功です。

 

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com