ココロとカラダ 笛元気♪ 〜フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ〜

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

自分を責めていました。

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

 

先日普段使っている楽器が壊れてしまいました、、、

リッププレートが取れるというなんとも言えない壊れ方をしました。

 

楽器店の方にも年に数回しかみないです。

 

現在、工場で修理してもらってます。
ピカピカになって帰ってくるのが楽しみです。

 

 

いつから吹きにくかったのか、、、

 

フルート吹きにくい思い始めたのが8月下旬あたりだった気がします。


そのあたりから音の立ち上がりがハッキリしない、高い音が出にくい、音に艶がないって思ってました。

他にもたくさんあるんですが、このぐらいにしておきます。

 

普通の人なら楽器の所為かも?って疑うかもしれませんが自分はそれをしませんでした。

 

急に吹きにくくなったりしたら楽器の調子を疑うことを学びました笑

 

なんで楽器のせいにしなかったのか、、、

 

それにはいくつか理由があります。

 

*8月頭にメンテナンスしてもらったときには問題がなかったから。

 

*音を出すときのアンブシュアやアパチュア、タンギングを研究していたので、こっちに原因があるのでは?と思っていたから。

 

*楽器の所為にするのがあんまり好きじゃないから。

 

結果どうなったのか、、、

 

自分で自分を追い込み、責めてフルートを吹くのが辛くなりました。

吹いても出てくる音は始めたばかりの人が吹いているような音。

 

それが1日だけならいいんです。


約一ヶ月その状態でした。

本当に辛かった。


それでも毎日楽器を出して少しだけ音は出していました。

 

この状況から抜け出したかったから。

上手くなりたいから。

フルートが好きだから。

 

自分が原因ではないとわかって一安心

 

リッププレートポロリ事件が起こったことで僕としては約一ヶ月抱えていたフルートに対するストレスが一気になくなりスッキリしました!!

 

だって自分じゃなくて楽器の調子がよくなかったから。

 

いきなり調子が悪くなった時点で気づけよ!!って一瞬なりましたがこの苦しい時間を過ごしたことは自分にプラスになりました。

 

楽器が吹けることが楽しい!!って心から言えました。

 

このつらい時間は楽器を吹くこと、音楽をすることの楽しさを思い出すためにあったのではないかと思いました。

 

ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com