アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

練習の目的をはっきりさせよう!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

練習してる時にただ吹いている。みたいになることありませんか??

 

これってすごく勿体無いですよね。

 

貴重な練習時間をただ吹くだけにするのは意味がないです。
そういう僕もよくやってしまいます(o_o)

 

特に本番が近くなってくるとただ吹くみたいになります。


もうすぐ本番だ!!って焦る気持ちが強くなってしまうから。

 

本番で自分の持てる力を出し切って演奏したい気持ちが焦りとして出てしまうのです。

 


そんなときは一呼吸置くことが大切です。

 

焦って練習すると大抵どこかでつまづいてしまいます。

 

つまづいてまた焦って。またつまづいて。

 

悪循環の始まりです。


まるで失敗することを練習しているみたいになってます。
失敗するために練習しているわけではありません。

 

だからこそ一度吹くのをやめて一呼吸置いてみましょう。

 

今、自分は何の練習をしているかはっきりさせましょう!

 

1つのフレーズでもたくさんのことが出来ると思います。

 

*出だしの音はどうやって吹きたい?
タンギングをはっきりしてみよう。
タンギングを優しめにやってみよう。
息の量を多くしてみよう。
息の量を少なくしてみよう。

 

*このフレーズのイメージはどんなだろう。
明るい色?
暗い?
広い草原にいるみたいに大きなフレーズかな?
真っ暗な部屋の中に1人でいる感じのフレーズかな?

 

*技術的なものはどんなことができる?

息の量を増やしたり、減らしたりしたらどうなる?
タンギングの発音も色々試してみたらどうなるかな?
息の穴の大きさは大きめ?小さめ?
息のスピードは速め?ゆっくり?だんだん遅く?


などなど

 

たくさんできます。

 

練習でたくさんの可能性を試してみることが大切です。

 

こうやったらどうなるかな?って遊ぶつもりでやるといいかもしれません。

 

結果として納得がいかないものもあると思います。
それを失敗って捉えないことも大切です。

 

結果は情報として自分に返ってくる

 

こうやってみたら、こうなった。

じゃあ今度はこうやってみたらどうなるかな??

 

練習は自分の中の選択肢を増やしていくことだと思います。

 

パレットにたくさんの色を出すように、自分もたくさんの色を出せるようになりたいと書きながら思っています。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com