アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

フルートの持ち方。左手が大事です!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です!

 

フルートって結構持つのが難しい楽器だなって思います。

 

よくフルート業界では三点支持という言葉をよく耳にします。

僕は三点支持は難しくてうまくできませんでした。

 

もしかしたら向き不向きがあるのかもしれません。

 

 

フルートの重さはどっちの手で支える??

 

 

フルートを構えるときに楽器の重さをどこで支えるのか。これはとっても大事です。

 

ぼくは左手が主に楽器の支える仕事をすると思います。

 

左手の人差し指の付け根あたりで楽器の重さを支えられると安定した構えになります。

 

試しに。お神輿を担ぐみたいに左手でフルート持ってみてください。

結構楽器との密着度が増すんです。

 

今まで左手の小指がキィの上に乗っていなかった、、、

みたいな人も小指がキィの近くにいくと思います

 

右手で支えがちなんですが、頑張り過ぎてしまうと指が動きにくくなってしまうことがあります。

 

とくに親指で支えようと頑張り過ぎている人が多いです。

 

 

右手の親指の位置ってどうしたらいいの??

 

いろいろな奏者のかたの右手を見ていると面白いですよ!!

 

親指が人差し指の下あたりにある人

親指が中指の下あたりにある人  などなど いろんな人がいます。

 

 

ぼくは親指の置く位置を決めておく必要はないと思っています。

 

『ここ!』って決めてしまうと右手の親指が楽器を支えるモードになりやすかったです。(これはぼくの場合です)

 

親指が支えるモードになると他の指が動かしにくくて、そこからさらに頑張るので手首を痛めそうになったこともあります。

 

 

おすすめの動画があります

 

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団首席フルート奏者のエマニュエル・パユさんのマスタークラスの動画です。

 


Emmanuel teaching Sancan Flute sonata

 

この動画では主に楽器の持ち方と歌口の位置について話しています。

持ち方によって音の響き方が全然変わっています!

 

それぐらい持ち方は大事なんです。

 

さいごに

 

しっかりと持ち方を教えてもらったことがあるって方は意外に少ないと思います。

たくさん指の位置とかを試したりすることもあったと思います。

 

でもここに決めた!!みたいにするのってあんまりよくないんですよ。

いずれどこかに負担がきてしまうし、やりにくいとこらが出てくるかもしれません。

だから動けるようにしてあげるだけでも違うかと思います。

 

文章だけではわからないよ!!ってかたはぜひ一度レッスンにいらしてください。

お気軽にお問い合わせください。

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

ではまた