アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

腕のことを知ると楽器を構えるときに役に立つ!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です!

 


楽器って形、大きさ、重さ様々ですよね。


フルートも小さいものから大きいものまであります!

 

演奏するために吹く技術はもちろん大切ですが、構えることも技術のひとつだと思います。

 

なぜなら吹いている時のカラダの使い方に楽器の構えは大きく影響するからです。

 

ぼくがアレクサンダーテクニークをはじめたきっかけがもっと吹きやすい構えを知りたいからでした。

 

 

楽器を構えるときに活躍するところはどこだと思いますか??

 

 


答えは腕です!!

 

楽器を構える以外にも荷物を持つとき、物を取るとき。などなど

 

腕は日常生活で大活躍です!!

 

これらの動きをするときに少しでも腕について知っておくと動かし方がかわります!

 

 

腕のはじまりはどこ??

 

これを知ったときものすごく衝撃的でした!!

 

みなさんはどこだと思いますか??

 

 

 

実は鎖骨が腕のはじまりなんです!

 

 

腕のはじまりって肩関節からだと思っていたのでとても驚きました!!

 

 f:id:okamotogenki:20170816231115p:image

正面からみた腕構造

 

胸骨(青くなっているところ)と鎖骨が出会うところが関節になっています。
胸鎖関節っていいます。

 

この関節が腕の動きのはじまりなんです!

 

f:id:okamotogenki:20170810215158p:image

横側からみた腕構造

 

*腕は鎖骨から動かせるって思うと動かし方がかわります!

 

肩甲骨も腕の仲間!

 

腕を動かす時に大事にしたい骨があります!!

 

それは肩甲骨です!

 

 

肩甲骨は腕構造の仲間なんです。

 

f:id:okamotogenki:20170816214310p:image

 

f:id:okamotogenki:20170816214309p:image

 

肩関節のところで鎖骨と肩甲骨、上腕骨が靭帯で繋がっています!!

 

 

つまり腕を動かすときに肩甲骨も一緒に動くのです!!

 

 

実験をしてみましょう!!

 

〜実験1〜

 

*肩関節から先が腕だと思って手を前に出す

 

*鎖骨から腕だと思って手を前にだす

 

〜実験2〜

 

*手を上にあげる

 

*鎖骨から動かすと思って手を上にあげる

 

*鎖骨から動かす&肩甲骨が動いてもいいと思って手を上にあげる

 

 

やってみてそれぞれ違いはありましたか??

 

 

楽器を構えるときに提案したいこと

 

*腕は鎖骨から動く

 

*腕を動かすときに肩甲骨も動いていい

 

*マウスピースを当てる口は鎖骨よりも上にある

 

*楽器を上にあげるときに肩甲骨が動いてもいい。肩があがってもいい

 

などなど 

 

もっといい提案が見つかったら書き足します。

 

さいごに

 

 

今回は主に腕構造(骨)についてでした。腕を動かす筋肉のことも触れていきたいなと思っています!

 

ぼくはアレクサンダーテクニークを学んでからカラダの構造を知って楽器の構え方が変わりました。

構え方を変えたことで腰痛、肩こりなどの痛みからも解放されました。

 

 

なにより嬉しかったのが音に変化があったことです。

 

今までの構え方を新しい構え方にするのは慣れない感じがして大変でした。

ですが痛みがある状態と痛みがない状態を知ったので頑張って新しい構え方に変えました。

今でも構え方については色々実験しています。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com