アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

お腹はゆるんでいた方が吹きやすい!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

管楽器や歌で音を出すときに『もっとお腹を使って!!』と言われたことありませんか??

 

お腹を使ってと言われて想像するのが腹直筋!

6つに割れる筋肉ですね。

 

腹直筋はとっても感じやすい筋肉なので、使ってた言われたらすぐに使えるんですが、全部にやっていたら大変です。

 

使えるところに使うのは賛成ですが、全部は吹くのがつらくなります。

 

腹筋について書いた下の記事を見てみてください。

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

お腹をゆるめるために試しほしいこと

 

〜その1〜

あぐらをしてひじをひざの上にのせて吹く。

 

f:id:okamotogenki:20170807230016j:image

 

こんな感じですね。

※フルート、歌はこの体勢でできると思います。他の楽器はもしかしたら難しいかもしれません。

 

〜その2〜

膝を曲げて、前屈して吹く。

 

f:id:okamotogenki:20170807230612j:image

こんな感じです。

※楽器が吹ける程度に曲げてみてください。

 膝を曲げることが大事です!

 

この2つの体勢は必然的に腹直筋がゆるんだ状態になります!!

 

 実験してみましょう!!

 

〜その1〜

腹直筋を『グッと』力を入れて吹く

 

〜その2〜

上の二つの体勢で吹く

 

腹直筋を使って吹くのと、ゆるんだ状態で吹くのはどっちが吹きやすいですか??

 

 

腹直筋がゆるんでもいい!!と自分に許可を出す!!

 

腹直筋をたくさん使って吹いていた人は、ゆるんだ状態で吹くと吹いている感覚がまったくしない感じがすると思います。

 

これは大きな変化です!!

 

ゆるんだ状態で吹けるようなるには自分で意識的に吹き分けることが必要です!!

 

つまり腹筋がゆるんでも吹ける!!ゆるんでもいいんだ!と自分に言ってあげることが必要です。

 

ちょっと気を抜くと腹直筋を使っていた吹き方に戻ってしまいます。

でも戻ってしまっても自分で気づくことができると思います!!

 

それは二つの吹き方の違いを知っているからです。

 

『また腹直筋に戻っちゃった、、、』って自分を責めることはしないで『ゆるんでも大丈夫。ゆるんでも吹ける。』って思い直してください!

 

 

さいごに

僕もお腹を使って!!と言われてもどうしたらいいのかずーーっと疑問でした。

ですが自分の思っているお腹の使い方がこれまでとはまったく違う方法で音色も良くなって息も出しやすくなりました。

 

それがおなかがゆるんだ状態で吹くことでした。

 

ゆるんだ状態で吹くとフォルテも今までよりも楽に出せるようになったんです。これはとても嬉しいことでした。

自分の音は小さいと思っていたので、、、

 

習慣を新しいものに変えることはとても根気がいります。

あせらずに、ゆっくり自分のペースでやっていくことが大切です。

 

ではまた。

 

 

okamotogenki.hatenablog.com