アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

レッスンを受けるときに大切にしたいこと

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

この1〜2年でレッスンを受けるときの考え方が変わりました。

教えるようになった!というのが大きい要因だと思います。

 

レッスンで失敗してもいい!!

 

今まで僕はレッスンに曲を持っていくときなるべく失敗しないようにって考えていました。

その考えは間違えだと気がつきました。

 

失敗しないようにレッスンで吹こうとすると緊張して自分のやりたい演奏ができないことが多発。

失敗したっていいじゃん!って思って演奏したほうが落ち着いてできます。(僕の場合)

 

せっかく練習したのに思うように吹けないのって悔しいじゃないですか!!

レッスンで失敗しないように!って吹いていると本番の舞台でも同じことをしてしまうんですよ。

 

だから可もなく不可もなくみたいな演奏になりがち、、、(自分がそうでした)

 

だったら今までの練習を信頼して失敗してもいいから今の自分を聴いてください!!って演奏したほうがいいと思います。

 

レッスンの時間は自分のためにある

 

レッスンは今の自分の演奏を聴いてもらう場所です。
そして今の自分を聴いてもらって先生からたくさんのアドバイスを頂きます。

 

*技術的な問題
*音楽的な問題
*精神的な問題 など様々だと思います。

 

先生のアドバイスはもちろん大切ですが、わからないことがあったら素直に質問することも大切です。

だってわからないままにしてレッスンが終わるのはもったいないです。


先生も聞いてくれた方が安心します。

 

先生に「この部分はどうやったらできるようになりますか?」って。

「私はこの部分をこうやって吹きたいんですが、もっとそれを可能にするためにはどんなことをしたらいいですか?」って

 

先生に聞くのって勇気がいりますが、全部自分のためなんです。

 

こんなコト聞いちゃっていいのかな?とか心配するより聞いてみましょう!

 

先生はきっと一緒に考えてくれると思います。

 

 

 さいごに

レッスンって受ける側にとって大事な時間です。でもただレッスンを受けて、「はい、やってみます。」とか「はい、練習しておきます。』じゃもったいないです。

もっとここをこう吹きたい!じゃあどうやったらできるようになりますか?って聞けるチャンスがレッスンという時間です。

先生のために吹いているわけではないんです。

自分のために吹いているんです。

どんどん積極的に質問してみるのもいいと思います!

ただ先生のアドバイスをもらってやるよりも、お互い意見を交換するレッスンの時間はとても有意義な時間になると思います。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

okamotogenki.hatenablog.com