アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

自分の感覚はあてにならない

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。


自分では響いている音を鳴らすことが出来た!!感覚がする。

 

でも周りで聴いている人には響いているように聴こえない。

 

逆に鳴ってる感覚がないのに周りの人はすごく響いてる!と言ってくれる。

 

という経験をしたことありませんか??

僕はこの壁に何度もぶちあたって悩みました。

 

演奏者にとって吹いている時の感覚って大事だ!って思っていたのが一気に崩壊した瞬間でした。

 

いつもの感覚といつもと違う感覚の違いってなんだろう、、、

 

いつもの感覚=普段やっているような感じ (慣れ親しんでいる吹き方)

 

いつもと違う感覚=普段とは違う、やった感じがしない感覚(経験したことのない吹き方)

 

文章にするとこんな感じだと思います。

本番の時にいつもの感覚を求めにいくと

 

舞台に立って演奏している時に、大体の人が緊張する思います。

 

緊張にも色々なパターンがあると思いますが、そこから抜け出すためにいつもの感覚を求めにいくとどうなるか。

 

大抵は悔いの残る演奏になってしまいます。

 

いつもの感覚は自分にとってどんな存在??

 

吹いた感覚、タンギングをした感覚、息を吸った感覚。

 

いろいろありますよね。

 

いつもの感覚で吹けた時の安心感は今までの自分にとってすごく大事なものでした。

自分にとってはいつもの感覚は「自然」なんです。


そして強い習慣として身についています。

 

もし、いつもの習慣が自分の演奏の役に立っていない方法だったら

 

みなさんはどうしたいですか??

 

僕は新しい方法を知って自分の演奏に活かしたいです。

 

習慣から離れるために何をすればいいの??

 

いつもと違う方法でやる!
これがいつもの習慣から離れる方法です。

 

とってもシンプルですね。

 

新しい方法でうまくいったら、、、

 

何か違うことを試してみてうまくいったら、その時自分はどんなことを考えて、カラダをどう使ったのかがとても大事です。

 

うまくいった結果よりも、結果に行き着くまでのプロセスを大切にしてください。

 

感覚について、、、

 

先日ボディチャンスでキャシー・マデンについて感覚について話題に上がりました。


その時のことをまとめます。

 

*うまくいった感覚は二度とやってこない
*この感覚を求めにいくとカラダは固まってしまう
*感覚が不必要という訳ではない。大事な時に知らせてくれるために感覚はある。
*失敗した感覚はその時すでに過去。過去よりも未来を見つめることが大事
*次に何をやるのかを選択し続けることが大切

 

さいごに

いつも吹いている感覚でい続けるというのはもしかしたら自分で自分の成長を止めていることなのかもしれないと思いました。

感覚から離れることはとても恐いです。安心感など全然ありません。

ですが、感覚から離れて新しいことを選んで演奏した時、演奏は以前よりも前向きなものになりました。

そして自分にはまだ出来るんだ!という希望がきました。

 

人は成長し続ける生物だと思います。

自分で自分の可能性に蓋をしないで前を向いて生きていきたいです。

 

ではまた。

 

okamotogenki.hatenablog.com