アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

練習での失敗を味方にする!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

今回はより練習をポジティブにするために自分が実践していることを書いてみます。

 

失敗を許せなかった自分

 

みなさんは練習で自分の望む演奏が出来なかったとき自分自身を責めたり、否定したことありませんか??


*自分の目指す演奏があるのにできない。
*なんでできないの!!
*出来ない自分が許せない!!
*演奏しないほうがいいんじゃない??
*ちょっとできても、まだまだ自分の理想には近づいていない!!

 

みたいなことを自分に言っていませんか??

 

これは自分で自分を傷つけているだけなんです。

 

ぼくはこれをよくやってしまいます。

今も本番が近くなってくると余裕がなくなって自分を責めるような練習をしてしまいます。

自分を責めたり、否定したりすることは自分をどんどん追い詰めていくだけで何もいいことがないです。

 

そんな練習楽しいと思いますか?? いい気持ちで本番を迎えることができますか??

 

今までの経験上楽しくないし、不安でいっぱいの本番を迎える確率大です。


この状態が続くとどんどん苦しくなるし、吹くのが嫌になります。

そして演奏すること自体が恐くなります。

 

でもできてないから練習しなきゃ!!って無理やり練習する時間が長かったです。

 

 

何のために練習をするのかを明確にしましょう!!

 

 

みなさんは何のために練習をしますか??

 

 

*本番で自分のやりたい演奏をするため これが一番大事かなとぼくは思います

 

 

練習で失敗することは大事な経験!

 

練習で失敗することは決して悪いことではありません。

 

 ですが失敗をすることは悪いことだ!!と思っている人もいます。

ぼくもそのうちの一人です。

 

ぼくは練習するときの考え方を変える必要がありました!

 

それは否定的な考え方を肯定的な考え方にすることでした。

 

ボディチャンスでは『NOプラン』と『YESプラン』と言っています。

 

様々なことを取り組むときには『YESプラン』を大切にしていきたいです。

 

〜今のぼくが練習するときに考えていることです〜

*失敗することを自分に許してあげること

*失敗から何を学ぶのか

*学んだことから何をするのか

 

しばらく経ったら変わるかもしれません。

 

 実際の練習内容でみてみましょう

 

*軽いタンギングがうまくできなかったとき

 

〜まずは失敗した自分を許すことから始めます〜

ここが一番大事だと思います。

否定してしまったら昔に逆戻りです。

 

〜失敗から何を学んだのか〜

強くタンギングをしすぎた。

発音がtuじゃなかった 

息の量が多すぎた

自分の出したいニュアンスがイメージできていなかった などなど

 

いろいろな情報が自分に戻ってきます。

 

〜学んだことから次は何をするのか〜

タンギングの強さを調整してみたらどうなるかな?

発音をtuにしてみたらどうなるのかな?

息の量を少し減らしてみたらどうなるかな?

自分の出したいニュアンスはこんな感じ!と思ってやってみたらどうなるかな?

 

どんなことを試してみようかな!!なんて考えながらできたら練習がイキイキしてくると思います。 

 

 

失敗が実は成功かも!?

 

練習している曲、フレーズで自分の出したいニュアンス、表現、音色じゃなかったときに『今のダメ!!』って言うのもったいないです!!

 

今の違う曲に合うかも!!こっちのフレーズで使えないかな〜なんてできたら失敗じゃなくなりますよね!!

 

さいごに

 ぼく自身長い間自分を傷つけるような練習をたくさんしてきました。

だから練習はあまり好きではないです。

特に一人でやっていると自己否定の無限ループに陥ります。

 

無限ループから少し抜け出しつつあるので書いてみました。

 

練習も本番も音楽を楽しみながらやるのが一番!

 

なんだかんだ音楽が好きでフルートが好きです。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com