アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

アレクサンダーテクニークのレッスンってどんなことをするの??

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です 

 

アレクサンダーテクニーク(AT:以下略)って言葉は聞いたことはあるけどレッスンで何をするのかまったくわからないという方が多くいらっしゃると思います。

 

ぼくもレッスンを受けに行くまでどんなことをするのか知りませんでした。

 

 学生時代にアレクサンダー関連の本を購入したのですが、なにを言っているのか訳がわからずに途中でリタイアしました。

 

なにをするのかわからないレッスンに行くのってかなり勇気のいることだと思いませんか??

 

ぼくも『よし受けに行ってみよう!!』ってなるまでかなり迷いました。

 

かなり勇気を出していったレッスンは行ってよかった!の一言に尽きます。

 

音も良くなったし、カラダもいつもより楽だし。

 一緒に受けている生徒さんもどんどん音がよくなるし! 

目から鱗とはこのことを言うのか!!って思いました。

 

レッスンを何回か受けたあと

『もっとうまくなるために AT教師資格を取る!!』ってなりました。

 

『AT気になってる!!レッスンってどんな感じなんだろう、、、』

そんな方に少しでもATってこんなことをするんですよ!ってことをお伝えできればいいなと思います。

 

さあどんなことをレッスンでするのかみていきましょう!!

 

レッスンの内容を決めるのは生徒さん!!

  

ボディチャンス(いま通っている学校)の先生はレッスンのはじめに生徒にこう聞きます。

 

『今日はどんなことをやりたい??聞きたいですか?』

 

ボディチャンスではじめてレッスンを受けた時は戸惑いました。

今までのレッスンは先生に出された曲を持って行って、 じゃあ吹いてみて!みたいなレッスンが主だったので。

 

音楽をやっている人は演奏に関わることをレッスンで取り上げることが多いです。

 

例えば、、、

*演奏中に息をうまく吸いたい!!

*楽器をもっと楽に構えて演奏したい!!

*舞台に立つと緊張して吹けなくなってしまうのをどうにかしたい! 

*周りの評価や目線が気になって演奏に集中できないのをどうにかしたい!

 

 

やりたいことが決まったらレッスン開始!!

  

まずは実際に演奏をします。

 

例えば、、、

 

*息がうまく吸えなくて悩んでいるフレーズを吹いてみる 

*楽器を構えるまでのうごきをみてもらう      など

 

 

アレクサンダーの先生は演奏の出来よりもカラダの動きを見ています。

なので失敗しても全然構わないのです。

 

失敗しても構わないというのが安心。

 

 

先生の提案を試してみよう!!

 

先生は演奏しているときのうごきをみて

 

『こうやってみたら?こう考えてみるのはどうかな?』という提案をしてくれます。

 

 

先生の提案を試してみてうまくいったら大成功!!  

 

 うまくいかなかったら、、、

 

また違う提案をしてくれます!  

 

 

結果も大事だけど、プロセスを持って帰ってほしい

 

うまくいったときの感覚をつい求めにいってしまうのですが、これは危険です。

あのときみたいに!!みたいなのをしてしまうと、、、

 

僕も『あのときをもう一度!』みたいなことをしてしまいがちですが、絶対にうまくいかないですね。

 

そんなときは一度落ち着いて、何をしたらうまくできたのかを振り返ります。

 

結果を求めるよりも、何を考え、意識したからうまくできたのか、、、

 

これがとても大切です。

 

 

さいごに

 何か新しいことをするときって迷ったり怖くなったりしますが、一歩進んでみたら道が開くこともあります。ぼくにとってアレクサンダーテクニークがそうでした。

レッスン行ってみようかな!って少しでも思っている方がいたら一度レッスンを受けてみることをオススメします。自分で体験するのが一番はやいです。

 

ではまた 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com