アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

そもそもアレクサンダーテクニークってなに??

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です 

 

 ぼくはアレクサンダーテクニーク(AT:以下略)の教師になる勉強をしているのですが、そもそもATってなに?、、、みたいな人が多いと思います。

ぼくもはじめるまでそのなかの一人でした笑

 

少しでもATのことを知ってもらえたらなーっと思ってATについて書いてみます。

 

 

アレクサンダーテクニークって誰が始めたの??

 

 フレデリック・マサイアス・アレクサンダー(Frederick Matthias Alexander 1869-1955)がはじめました。

 

アレクサンダーは人の名前なんです。ボディチャンスに入るまで人の名前というのに驚きました!!

 

F.M.アレクサンダーはなにをしていた人なの??

 

彼はタスマニア出身でオーストラリアで俳優として活躍していました。

 

彼を襲った声の不調

 

俳優としてキャリアを築いていくなかで舞台上で声が出なくなる!という不調に陥りました。

声の不調はとても深刻なもので周りの俳優さんたちにも心配されるほどだったそうです。

 

医者に相談しても、、、

 

医者は舞台以外で声を出すことを控えるようにとアレクサンダーに言いました。

 

医者のアドバイスのもと臨んだ舞台。

最初の方は声を出せたが終わりが近づくにつれてどんどん出なくなっていったそうです。

 

なんで声が出なくなるんだ!!と苦しみました。

もう一度医者に相談するも原因はわからないと言われてしまう。

 

 

諦めきれないアレクサンダーのとった行動は??

 

自分が声を出すときになにをしているのか徹底的に観察、分析、実験することをはじめました。 

 

*舞台で声を出すときの自分

*普通に声を出すときの自分

*何もしていないときの自分

*声を出そうと考えているときの自分 

 

様々なシチュエーションを観察、分析、実験しました。

このとき三面鏡を使って観察したそうです。

 

アレクサンダーは観察から何を発見したのか、、、

 

舞台で声を出すときに『頭を下にしようとしていて、咽頭(のど)を押しつけている』動きを見つけました。

 

『頭を下にすること、咽頭(のど)を押し付ける』ことをやめたら声が出しやすい!!

 

『頭の動きがカラダに影響を与えている』と発見つきました! 

この発見がアレクサンダーテクニークのなかで一番大きな発見でした。(また違う記事に書きます)

 

今まで教わったことが声を出しにくくしていた!? 

 

 アレクサンダーはまた新しいことに気がつきます!

 

それは舞台で声を出すときカラダの動きに様々なクセがあること。

 

クセは今まで演技のレッスンでお世話になった先生に教えてもらったことがほとんどでした、、、

 

声を出すときに一緒に発動するクセ(例えばです)

*足首を固めている

*肩があがらないようにしている

*胸を張っている       etc...

 

なにかをしようとするときにカラダに染みついたクセや動きが一斉に発動するのです。

 

 アレクサンダーは今まで声を出せるようにと観察、分析、実験を繰り返しましたが、声だけではなくカラダの全てを見直す必要がある!と決意をあたらにしました。

 

クセは根深く残っている、、、

 

観察、分析、実験を繰り返しているうちに声の調子も少しずつ良くなっていきました。

ですがふいに元のカラダの動きに戻ることがありました。

 

アレクサンダーは再び声を出すときの動きの観察をはじめました。

 

自分の感覚があてにならないということにアレクサンダーは気がつきました。

 

しっくりしている感じがしても実はやりたいことの正反対のことをしてたり、、、

 

 

クセから離れるにはなにをしたらいいんだろう

 

いつもの慣れている感じでやってしまうと自分のやりたいこととは違う結果を生んでしまいますよね。

クセって恐ろしいですね。やりたいことに適したクセならいいのにと心から思います。

 

かといってクセをやらないようにしなきゃ!!みたいに考えるのはいい結果を得ることができなかった。

 

 なにをすればいいのか、、、

 

感覚を頼りにするのをやめて、自分のやりたいことをするために何か新しいことを意識的にやることが大切なんだと気がついたのです。

 

クセのことを考えながらやるよりも、やりたいことを意識的にやるほうがクセが発動しにくくなってやりたいことができるようになっていきます。

 

アレクサンダーの声はどんどんよくなっていきました。

声以外にもカラダの全体的な機能が向上していきました。

 

声の不調から復活したあと 

 

彼はその後メルボルンとロンドンで呼吸と発生についてのレッスンを多くの人に行いました。

 

これがアレクサンダーテクニークが生まれたきっかけです。

 

 

どんなことにアレクサンダーテクニークは役立つの??

 

まだまだ認知度が低いアレクサンダーテクニークですが様々なことに役立ちます。

 

*パフォーマンスの向上

 

役者、音楽家、スポーツ、ダンス、ヨガ、ピラティス、モデルなど

 

*日常生活や仕事

 

プレゼン時の声の出し方、デスクワークをするときの座り方、コミュニケーションスキルの向上など

 

肩こりや腰痛の改善、重い荷物を持つ、歩き方など

 

アレクサンダーテクニークはやりたいことをするためにカラダをより機能的に動けるようにするものです。

なので様々なことに役立ちます。

 

さいごに

この記事をきっかけにアレクサンダーテクニークっていろんなことに役立つんだ!!レッスン受けてみたいなーってなりましたなんて言われたら泣いて喜びます!

 

僕はアレクサンダーテクニークを始める前は肩こりと腰痛に悩んでいました。

 それが数ヶ月でほとんど解消して、肩こりと腰痛で悩むことはなくなりました。

演奏も少しずつ変化していって、どこかでうまくなれないかもと諦めていたのが、もっとうまくなれるじゃん!!ってなりました。

ひとつ言えるのはアレクサンダーテクニークに出会えてよかったの一言です。

 

ではまた 

岡本元輝

 

okamotogenki.hatenablog.com