アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

息を吸うときのカラダってどんな動きをするの?

 

こんにちは! フルート奏者の岡本元輝です。

 

息を吸う時のよくあるアドバイス

 

「お腹に息をいれるように吸う」

「肩をあげないように吸う」

 

 一回は言われたことのある言葉ではないかと思います。

 僕も中学の吹奏楽部で教わりました。

ですがこれは大きな勘違いでした。

 

お腹にいれるように吸うと、吸った感じはするけど息は続かない。むしろ苦しい。

肩を上げないように吸うとカラダがかたくなって肩こりがひどくなった。

 

思い返すとなんもいいことなかったです。

 

 

 

呼吸(ブレス)をするとき、カラダでどんなことが起こっているのかを知ることがより楽な呼吸(ブレス)をする助けになりました。

 

では!

 

カラダで何が起こるのか一緒にみていきましょう。

 

☆まず息はどこに入るのか。

→吸った息は肺のなかに入ります。 

 

ここで一度肺がどこにあるのかを確認してみましょう!

 

f:id:okamotogenki:20170613103502p:image

肺は肋骨に守られるように入っています。

結構大きくてびっくりですよね。

 

肺のすぐ下には『横隔膜』という筋膜があります。

この横隔膜も呼吸(ブレス)のときに大活躍してくれるます!後ほどご説明します。

 

 

 ☆息を吸うときに『肺』にはどんな変化が起こるのか

→風船のように膨らみます

 

☆息を吸うときに肋骨にはどんな変化が起こるのか

→肺が膨らむのと同時に肋骨も広がるように動きます。

 

☆ではここで自分の肋骨を触りながら息を吸ったり、吐いたりしてみましょう!!

→実際に触ることで呼吸するときに肋骨が動いていることが確認できたと思います!

 

このとき肋骨を動かしているのが外肋間筋と内肋間筋という筋肉です。

吸うときに外肋間筋が働き、吐くときに内肋間筋が働きます。

 

 f:id:okamotogenki:20170613200616p:image

f:id:okamotogenki:20170613200632p:image

  ※画像は外肋間筋です。

 

肺の膨らむことが出来るように肋骨が広がるお手伝いを外肋間筋がしてくれます!

 

息を吸うときに起こる肺の膨らみと肋骨の動きがわかりやすい動画があるのでよかったらみてください。


The Breathing process

結構肺も肋骨もよく動くのがわかると思います。

 

 

肩を上げないように息をしようとすると肋骨の動きを邪魔してしまいます。

 

ということは!!

 

肩をあげないように息を吸うのはあまり効率的ではないということなんです。

 

*今まで肩をあげないように息を吸っていた人は、息を吸うときに肩が動いてもいいんだと思って息を吸ってみたらどうなるか実験してみてください。

 

☆息を吸うときに横隔膜にどんな変化が起こるのか

→肺が膨らむのと同時に横隔膜は下に下がります。

 

※横隔膜のすぐ下には内臓があります。

横隔膜が内臓たちを下の方に押します。

息を吸ったときに下っ腹が出ているように見えるのは、横隔膜が動いたことによって下の方に内臓さんたちが集まったからなんです。

 

ここで注意して欲しいのは息を吸うときに内臓さんたちを下の方に集めることを目的にして欲しくないです。

息が入るのは『肺』です。

 

横隔膜がどんな動きをするのかイメージしやすい動画があるのでよかったらみてください。


3D view of diaphragm

 

 

♪まとめ♪

*息は肺に入る

*息を吸うときに肺は膨らみ肋骨と横隔膜は一緒に動いてくれる

*息を吸うときに肩は動いてもよい!

 

♪最後に♪

息を吸うとき他の部位もいろいろ関係しているのですが、今回は簡単に息を吸うことについて書きました。

これからもっともっと掘り下げて書いていくのが目標です。

 

今度は息を吐くことについて書きたいと思います。

 

 

よかったらフォローしてくださいね♪

 

岡本元輝