ココロとカラダ 笛元気♪ 〜フルート奏者・アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)岡本元輝のブログ〜

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

アレクサンダーテクニークとの出会い

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

アレクサンダーテクニークのレッスンは様々なパフォーマーに効果的だと今ならはっきり言えます。

 

ですが多くの人がレッスンを受ける前に尻込みしているような気がします。

 

僕もその一人です。

 

なんで僕がレッスンを受けようと思ったのか。

それを書きました。

 

 

 

 アレクサンダーレッスンを受けようと決めるまで

 

 

はじめてアクレサンダーテクニークのレッスンを受けたのは大学を卒業してからでした。

 

大学生ではなくなり、家とバイト先を往復するだけの生活。

 

音楽の仕事は全然ない。自分は何のために音大に行ったのか。

 

せっかく音大に行って勉強をしたのに諦めたくない。

好きな音楽とフルートを辞めたくない。

 

 

演奏家として様々な場所で活躍している同期や先輩方を見て、今の自分は何をしているんだろうって。

 

 

このままではどんどん音楽から離れ、ダメになっていく。

好きな音楽もフルートも嫌いになりそうでした。

 

何か新しいことをしよう!

自分にとってプラスになることをしよう!

周りの演奏家とは何か違うスキルを身につけよう!

 

それから何ができるかと探し始めました。

 

 

演奏をする上でまず一番大事なのは演奏者のカラダ。

 

大学生のときから腰痛と肩こり、楽器をもっとに楽に構えたいって思っていました。

 

もっと演奏するときのカラダの使い方を知りたいと思ってアレクサンダーテクニークのレッスンを受けてみようって思いました。

 

大学生のときからアレクサンダーテクニークって言葉は知っていたのですが、なんか不思議な感じがしていてレッスンを受けよう!とまではなりませんでした。

 

ですが卒業してやることもないし、とにかくやってみてから続けるか決めよう!と思って今通っているボディチャンスのベーシックコースに通うことにしました。

 

ボディチャンス以外にもたくさんアレクサンダーテクニークを教えてくれる場所は東京にもあったんですが、音楽を専門に勉強してきて、なおかつアレクサンダーテクニークの教師が多くいるというのが決め手でした。

 

 

はじめてのレッスンは今までより楽に吹けて音も響いた

 

 

バジルさんのベーシッククラスがはじめてのレッスンでした。

 

はじめてのレッスンは腰痛に悩んでいること、楽器の構えを見てもらったと思います。

 

レッスンでのアドバイスは今まで受けてきたものとは違ったアプローチでとても新鮮でした。

 

何よりも自分の演奏に変化が起きたこと、今までより楽に楽器が吹けていること、音が響いていることが嬉しかったです。

 

自分のレッスンも驚きがたくさんあったのですが、一緒にレッスンを受けている人たちの演奏が目の前で変わっていく姿がさらに衝撃的でした。

 

こんなレッスンがあるんだ!

 

アレクサンダーテクニークの教師ってすごい!と本当に思いました。

 

そこから何回かレッスンを受けていくなかである思いが自分のなかで芽生えていました。

 

それは『自分もアレクサンダーテクニークのなりたい!!』でした。

 

それからボディチャンスの教師養成コースに入学しました。

 

ベーシックコースよりもさらに充実した時間を過ごせています。

なによりも自分の演奏が少しずつよくなっていることが嬉しいです。

 

 

さいごに

 

あっという間に教師養成コースに入学して2年ちょっとが経ちました。

 

これから先自分の人生がどうなっていくのかはわかりませんが、教師養成コースに通う決断したことに後悔はありません。

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com