アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

自分の感覚はあてにならない

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。


自分では響いている音を鳴らすことが出来た!!感覚がする。

 

でも周りで聴いている人には響いているように聴こえない。

 

逆に鳴ってる感覚がないのに周りの人はすごく響いてる!と言ってくれる。

 

という経験をしたことありませんか??

僕はこの壁に何度もぶちあたって悩みました。

 

演奏者にとって吹いている時の感覚って大事だ!って思っていたのが一気に崩壊した瞬間でした。

 

いつもの感覚といつもと違う感覚の違いってなんだろう、、、

 

いつもの感覚=普段やっているような感じ (慣れ親しんでいる吹き方)

 

いつもと違う感覚=普段とは違う、やった感じがしない感覚(経験したことのない吹き方)

 

文章にするとこんな感じだと思います。

本番の時にいつもの感覚を求めにいくと

 

舞台に立って演奏している時に、大体の人が緊張する思います。

 

緊張にも色々なパターンがあると思いますが、そこから抜け出すためにいつもの感覚を求めにいくとどうなるか。

 

大抵は悔いの残る演奏になってしまいます。

 

いつもの感覚は自分にとってどんな存在??

 

吹いた感覚、タンギングをした感覚、息を吸った感覚。

 

いろいろありますよね。

 

いつもの感覚で吹けた時の安心感は今までの自分にとってすごく大事なものでした。

自分にとってはいつもの感覚は「自然」なんです。


そして強い習慣として身についています。

 

もし、いつもの習慣が自分の演奏の役に立っていない方法だったら

 

みなさんはどうしたいですか??

 

僕は新しい方法を知って自分の演奏に活かしたいです。

 

習慣から離れるために何をすればいいの??

 

いつもと違う方法でやる!
これがいつもの習慣から離れる方法です。

 

とってもシンプルですね。

 

新しい方法でうまくいったら、、、

 

何か違うことを試してみてうまくいったら、その時自分はどんなことを考えて、カラダをどう使ったのかがとても大事です。

 

うまくいった結果よりも、結果に行き着くまでのプロセスを大切にしてください。

 

感覚について、、、

 

先日ボディチャンスでキャシー・マデンについて感覚について話題に上がりました。


その時のことをまとめます。

 

*うまくいった感覚は二度とやってこない
*この感覚を求めにいくとカラダは固まってしまう
*感覚が不必要という訳ではない。大事な時に知らせてくれるために感覚はある。
*失敗した感覚はその時すでに過去。過去よりも未来を見つめることが大事
*次に何をやるのかを選択し続けることが大切

 

さいごに

いつも吹いている感覚でい続けるというのはもしかしたら自分で自分の成長を止めていることなのかもしれないと思いました。

感覚から離れることはとても恐いです。安心感など全然ありません。

ですが、感覚から離れて新しいことを選んで演奏した時、演奏は以前よりも前向きなものになりました。

そして自分にはまだ出来るんだ!という希望がきました。

 

人は成長し続ける生物だと思います。

自分で自分の可能性に蓋をしないで前を向いて生きていきたいです。

 

ではまた。

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

指が回らない、動かなくてお悩みの方必読!のヒントとアイディア

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です!

 

フルートをやっている人なら一度は悩んだことのある「指回らない、動かない」問題について書きたいと思います。

 

僕もはやくて難しいところは今でも苦労します。


ですが、アレクサンダーテクニークの勉強をはじめてから以前より指が回りやすく、動きやすくなりました!!

 

なんで動かしやすくなったのか、、、

 

指の構造、指を動かす筋肉について知ることが自分の助けになりました。

 

※ATはカラダの動きをみるので、カラダの構造なども勉強します!

 

指の長さはどのぐらい??

 

みなさんは指の長さがどのぐらいかご存知ですか??
僕もこのATの勉強をするまで全く知りませんでした。


ではさっそく指をみてみましょう!

 

f:id:okamotogenki:20170719154302p:image

 

f:id:okamotogenki:20170719154306p:image


結構長い!!
手首のすぐ近くまで指がしっかりとありますね!

手首は色々な形の小さな骨が集まって出来ています。

 

指を動かすときどこを意識してますか??

 

指が回らない、動かないと悩んでいる方は「指先」と答えることが多いです。

 

僕も指先を意識していました。


うまく指が回ったときコントロールできている感じと出来たという安心感が生まれたから何度も繰り返しました。

 

それはもう必死にやりました。


ですが指先を意識して沢山練習をした結果、少しですが指と手首に痛みでるようになりました。


僕はそこまでひどくなることはなかったですが、酷くなる人は腱鞘炎とかになったりすると思います。

 

指を動かすときどこを意識したらいいの??

 

動かす時に指の長さを思い出してください!
結構長かったですよね!

 

指全体を動かせるようにしてあげると動かしやすくなります!


全体を動かすためにMP関節から動かすことを意識してあげると、指先を動かすよりもスムーズに動きます!

 

MP関節をみてみましょう!!

 f:id:okamotogenki:20170719174020p:image

 

丸で囲っているところがMP関節です!

 

f:id:okamotogenki:20170719193022p:image

〜短母指外転筋、第1〜4虫様筋〜

MP関節を動かす筋肉

 

虫様筋には握った時の具合、指の筋肉の緊張状態などを伝える役割があります。

指を繊細に動かしたりすることができます。

 

くらべてみましょう!!

 

♪指先を意識して動かす

 

♪MP関節から動かすことを意識して動かす

 

どっちのほうが動きやすいですか?

 

僕はMP関節から動かすほうが好きです。

 

指を動かす筋肉はどこにあるの??

 

f:id:okamotogenki:20170719170247p:image

〜深指屈筋〜

 

♪手首と人差し指から小指を曲げる

♪物を握る時にたくさん働く

 ※青くなっているところです。

 

f:id:okamotogenki:20170719171000p:image

 

〜浅指屈筋〜

 

♪手首と人差し指から小指を曲げる

 

f:id:okamotogenki:20170719175030p:image

 〜長母指屈筋〜

 

♪親指を曲げる

 

f:id:okamotogenki:20170719182032p:image

 

 〜短母指屈筋、短小指屈筋〜

 

♪親指をMP関節から曲げる

♪小指をMP関節から曲げる

 

f:id:okamotogenki:20170719183343p:image

〜 指伸筋〜

 

♪手首と人差し指から小指を伸ばす

 

f:id:okamotogenki:20170719191056p:image

〜短母指伸筋、長母指伸筋〜

♪親指と手首を伸ばす

 

f:id:okamotogenki:20170719192306p:image

〜指示伸筋、小指伸筋〜

♪人差し指と小指を伸ばす

 

指を動かす筋肉が手のひらに集中しているわけではなくて、前腕から指先までとかなり長いです!

そして親指、人差し指、小指にはまた違った筋肉がついていることも特徴的です。

 

キィを押したり、離したりする時に動いてくれる筋肉だけでもこんなにあります。

もしかしたらまだ抜けている筋肉があるかもしれないですがT_T

 

今回ご紹介した手に関係する筋肉はほんの一部です。

まだまだ手にはたくさんの筋肉があります。

 

違う記事で触れるときがくるかもしれません^_^

そのときを楽しみにしていてくださいね。

 

指を動かす時のアイディア 

 

♪指を動かすことから一旦離れて、キィを押す、離すをやってみてください

 

♪音を変えるためにキィを操作することをする

 

まとめ

 

♪指は長い

 

♪指を動かすならMP関節から

 

♪指を動かす筋肉はたくさんある

 

♪指を動かすのも大事だけど、目的はキィを動かすこと

 

さいごに

 

楽器をやる人にとって指動かない問題は結構大きいと思います。

 指を動かす筋肉や関節を少し知るだけでも動き方は変わります。

指先ばかり気を取られていた時期が長かったせいか、今も難しいところになるとどうしても指先に意識がいってしまいます。

ですが今は指、指の筋肉、関節について知識が増えたことで戻ってくることができます。

 

指の動かし方に関係するのが楽器の構え方です。

これはまた別の記事に書きたいと思います。

 

ではまた。

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

練習での失敗を味方にする!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

今回はより練習をポジティブにするために自分が実践していることを書いてみます。

 

失敗を許せなかった自分

 

みなさんは練習で自分の望む演奏が出来なかったとき自分自身を責めたり、否定したことありませんか??


*自分の目指す演奏があるのにできない。
*なんでできないの!!
*出来ない自分が許せない!!
*演奏しないほうがいいんじゃない??
*ちょっとできても、まだまだ自分の理想には近づいていない!!

 

みたいなことを自分に言っていませんか??

 

これは自分で自分を傷つけているだけなんです。

 

ぼくはこれをよくやってしまいます。

今も本番が近くなってくると余裕がなくなって自分を責めるような練習をしてしまいます。

自分を責めたり、否定したりすることは自分をどんどん追い詰めていくだけで何もいいことがないです。

 

そんな練習楽しいと思いますか?? いい気持ちで本番を迎えることができますか??

 

今までの経験上楽しくないし、不安でいっぱいの本番を迎える確率大です。


この状態が続くとどんどん苦しくなるし、吹くのが嫌になります。

そして演奏すること自体が恐くなります。

 

でもできてないから練習しなきゃ!!って無理やり練習する時間が長かったです。

 

 

何のために練習をするのかを明確にしましょう!!

 

 

みなさんは何のために練習をしますか??

 

 

*本番で自分のやりたい演奏をするため これが一番大事かなとぼくは思います

 

 

練習で失敗することは大事な経験!

 

練習で失敗することは決して悪いことではありません。

 

 ですが失敗をすることは悪いことだ!!と思っている人もいます。

ぼくもそのうちの一人です。

 

ぼくは練習するときの考え方を変える必要がありました!

 

それは否定的な考え方を肯定的な考え方にすることでした。

 

ボディチャンスでは『NOプラン』と『YESプラン』と言っています。

 

様々なことを取り組むときには『YESプラン』を大切にしていきたいです。

 

〜今のぼくが練習するときに考えていることです〜

*失敗することを自分に許してあげること

*失敗から何を学ぶのか

*学んだことから何をするのか

 

しばらく経ったら変わるかもしれません。

 

 実際の練習内容でみてみましょう

 

*軽いタンギングがうまくできなかったとき

 

〜まずは失敗した自分を許すことから始めます〜

ここが一番大事だと思います。

否定してしまったら昔に逆戻りです。

 

〜失敗から何を学んだのか〜

強くタンギングをしすぎた。

発音がtuじゃなかった 

息の量が多すぎた

自分の出したいニュアンスがイメージできていなかった などなど

 

いろいろな情報が自分に戻ってきます。

 

〜学んだことから次は何をするのか〜

タンギングの強さを調整してみたらどうなるかな?

発音をtuにしてみたらどうなるのかな?

息の量を少し減らしてみたらどうなるかな?

自分の出したいニュアンスはこんな感じ!と思ってやってみたらどうなるかな?

 

どんなことを試してみようかな!!なんて考えながらできたら練習がイキイキしてくると思います。 

 

 

失敗が実は成功かも!?

 

練習している曲、フレーズで自分の出したいニュアンス、表現、音色じゃなかったときに『今のダメ!!』って言うのもったいないです!!

 

今の違う曲に合うかも!!こっちのフレーズで使えないかな〜なんてできたら失敗じゃなくなりますよね!!

 

さいごに

 ぼく自身長い間自分を傷つけるような練習をたくさんしてきました。

だから練習はあまり好きではないです。

特に一人でやっていると自己否定の無限ループに陥ります。

 

無限ループから少し抜け出しつつあるので書いてみました。

 

練習も本番も音楽を楽しみながらやるのが一番!

 

なんだかんだ音楽が好きでフルートが好きです。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレクサンダーテクニークは脱力をしたいわけではない!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

アレクサンダーテクニークって脱力をすることなんでしょ??って思われている方が大勢いるように感じます。

ぼく自身そう思っていました。

 

たまーに人とお話しをする機会があるときにアレクサンダーテクニークについて話題に上ることがあります。

 

『それ聞いたことある!!脱力するやつでしょ??』みたいな感じで返されることがよくあります。

 

心の中で『脱力をするわけではないんだけど、、、』って思ってはいるものの、

『そうそう、、、脱力したような感じになることもありますよ』って返してしまいます。(うまーく誤魔化して逃げています、、、)

 

こういうときに自分がアレクサンダーテクニークについてうまく説明できたらいいのに!!ってなります。

なかなか簡潔に説明することって難しいんですよね(泣)

 

 

なのでこの記事でアレクサンダーテクニークは脱力するわけじゃないんですよーってお伝えできたらと思います。

 

 

脱力ってなんだろう、、、

 

*カラダから力が抜けて、ぐったりしてしまうこと。

*意欲、気力が衰えること。

*気持ちの張りがなくなること。

 

このようなことを脱力と言います!

 

まるで動物のナマケモノみたいな状態ですね。

 

脱力状態でカラダは動く??

 

 脱力状態でカラダを使って何かをすることはできるのか、、、

 

例えば

 

*歩く

*椅子から立ち上がる

*荷物を持ち上げる

*楽器を構える

*楽器を演奏する  などなど

 

おそらく脱力した状態でこれらをするのは難しいです。

 

なぜなら

*歩くためには脚を動かす必要があります。そして脚を動かすための筋肉が働く必要があるからです。

 

他の動作も同じことが言えます。

 

何かをするときに必ずカラダを動かし、カラダを動かすための筋肉が働きます。

 

極端な話、全てが脱力してしまうと人間は立つことも、呼吸することもできなくなってしまうのです。

つまり死ぬときにやっとカラダは脱力するんだと思います。

 

なんで脱力したと感じるのか、、、

 

実際アレクサンダーテクニークのレッスンを受けると力が抜けたなーって感じることがあります。

 

その正体は!!

 

レッスンを受ける前よりもカラダがより機能的に動けるようになったからです!!

 

楽器を演奏するとき、歩くとき、荷物を持つとき、様々なシチュエーションのカラダのうごきがより機能的に使えるようにできるようにするのがアレクサンダーテクニークの目的です。

 

 

ぼくがアレクサンダーテクニークのレッスンを受け始めたばかりのころ

 

最初はみなさんと同じで『もっとラクに吹けるようになりたいーーー!!』という強い気持ちをもってレッスンを受けに来ていました!

 

何回かレッスンを受けたときに肩こりと腰痛が良くなっていることに気がつきました!!

 

これには驚きました。

 

レッスンではあまり肩こり・腰痛のことには触れていなくて、構え方や、立ち方などを見てもらっていたので。

なのに肩こり・腰痛が改善!

 

 

肩こりと腰痛が良くなったのも、今までのカラダの使い方からより機能的に動かせるようになったからだと思います。

 

演奏も良くなってカラダの痛みもどっかに消えてアレクサンダーテクニークってすごいと本当に思いました!

 

 

さいごに

ただ『脱力するため』『ラクになるため』にアレクサンダーテクニークがあるのではないと思います。

やりたいことをするために自分のカラダをどう使うのか。

そのときのカラダの使い方は機能的なのか。これが大事だと思います。

 

ではまた

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

アレクサンダーテクニークのレッスンってどんなことをするの??

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です 

 

アレクサンダーテクニーク(AT:以下略)って言葉は聞いたことはあるけどレッスンで何をするのかまったくわからないという方が多くいらっしゃると思います。

 

ぼくもレッスンを受けに行くまでどんなことをするのか知りませんでした。

 

 学生時代にアレクサンダー関連の本を購入したのですが、なにを言っているのか訳がわからずに途中でリタイアしました。

 

なにをするのかわからないレッスンに行くのってかなり勇気のいることだと思いませんか??

 

ぼくも『よし受けに行ってみよう!!』ってなるまでかなり迷いました。

 

かなり勇気を出していったレッスンは行ってよかった!の一言に尽きます。

 

音も良くなったし、カラダもいつもより楽だし。

 一緒に受けている生徒さんもどんどん音がよくなるし! 

目から鱗とはこのことを言うのか!!って思いました。

 

レッスンを何回か受けたあと

『もっとうまくなるために AT教師資格を取る!!』ってなりました。

 

『AT気になってる!!レッスンってどんな感じなんだろう、、、』

そんな方に少しでもATってこんなことをするんですよ!ってことをお伝えできればいいなと思います。

 

さあどんなことをレッスンでするのかみていきましょう!!

 

レッスンの内容を決めるのは生徒さん!!

  

ボディチャンス(いま通っている学校)の先生はレッスンのはじめに生徒にこう聞きます。

 

『今日はどんなことをやりたい??聞きたいですか?』

 

ボディチャンスではじめてレッスンを受けた時は戸惑いました。

今までのレッスンは先生に出された曲を持って行って、 じゃあ吹いてみて!みたいなレッスンが主だったので。

 

音楽をやっている人は演奏に関わることをレッスンで取り上げることが多いです。

 

例えば、、、

*演奏中に息をうまく吸いたい!!

*楽器をもっと楽に構えて演奏したい!!

*舞台に立つと緊張して吹けなくなってしまうのをどうにかしたい! 

*周りの評価や目線が気になって演奏に集中できないのをどうにかしたい!

 

 

やりたいことが決まったらレッスン開始!!

  

まずは実際に演奏をします。

 

例えば、、、

 

*息がうまく吸えなくて悩んでいるフレーズを吹いてみる 

*楽器を構えるまでのうごきをみてもらう      など

 

 

アレクサンダーの先生は演奏の出来よりもカラダの動きを見ています。

なので失敗しても全然構わないのです。

 

失敗しても構わないというのが安心。

 

 

先生の提案を試してみよう!!

 

先生は演奏しているときのうごきをみて

 

『こうやってみたら?こう考えてみるのはどうかな?』という提案をしてくれます。

 

 

先生の提案を試してみてうまくいったら大成功!!  

 

 うまくいかなかったら、、、

 

また違う提案をしてくれます!  

 

 

結果も大事だけど、プロセスを持って帰ってほしい

 

うまくいったときの感覚をつい求めにいってしまうのですが、これは危険です。

あのときみたいに!!みたいなのをしてしまうと、、、

 

僕も『あのときをもう一度!』みたいなことをしてしまいがちですが、絶対にうまくいかないですね。

 

そんなときは一度落ち着いて、何をしたらうまくできたのかを振り返ります。

 

結果を求めるよりも、何を考え、意識したからうまくできたのか、、、

 

これがとても大切です。

 

 

さいごに

 何か新しいことをするときって迷ったり怖くなったりしますが、一歩進んでみたら道が開くこともあります。ぼくにとってアレクサンダーテクニークがそうでした。

レッスン行ってみようかな!って少しでも思っている方がいたら一度レッスンを受けてみることをオススメします。自分で体験するのが一番はやいです。

 

ではまた 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

そもそもアレクサンダーテクニークってなに??

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です 

 

 ぼくはアレクサンダーテクニーク(AT:以下略)の教師になる勉強をしているのですが、そもそもATってなに?、、、みたいな人が多いと思います。

ぼくもはじめるまでそのなかの一人でした笑

 

少しでもATのことを知ってもらえたらなーっと思ってATについて書いてみます。

 

 

アレクサンダーテクニークって誰が始めたの??

 

 フレデリック・マサイアス・アレクサンダー(Frederick Matthias Alexander 1869-1955)がはじめました。

 

アレクサンダーは人の名前なんです。ボディチャンスに入るまで人の名前というのに驚きました!!

 

F.M.アレクサンダーはなにをしていた人なの??

 

彼はタスマニア出身でオーストラリアで俳優として活躍していました。

 

彼を襲った声の不調

 

俳優としてキャリアを築いていくなかで舞台上で声が出なくなる!という不調に陥りました。

声の不調はとても深刻なもので周りの俳優さんたちにも心配されるほどだったそうです。

 

医者に相談しても、、、

 

医者は舞台以外で声を出すことを控えるようにとアレクサンダーに言いました。

 

医者のアドバイスのもと臨んだ舞台。

最初の方は声を出せたが終わりが近づくにつれてどんどん出なくなっていったそうです。

 

なんで声が出なくなるんだ!!と苦しみました。

もう一度医者に相談するも原因はわからないと言われてしまう。

 

 

諦めきれないアレクサンダーのとった行動は??

 

自分が声を出すときになにをしているのか徹底的に観察、分析、実験することをはじめました。 

 

*舞台で声を出すときの自分

*普通に声を出すときの自分

*何もしていないときの自分

*声を出そうと考えているときの自分 

 

様々なシチュエーションを観察、分析、実験しました。

このとき三面鏡を使って観察したそうです。

 

アレクサンダーは観察から何を発見したのか、、、

 

舞台で声を出すときに『頭を下にしようとしていて、咽頭(のど)を押しつけている』動きを見つけました。

 

『頭を下にすること、咽頭(のど)を押し付ける』ことをやめたら声が出しやすい!!

 

『頭の動きがカラダに影響を与えている』と発見つきました! 

この発見がアレクサンダーテクニークのなかで一番大きな発見でした。(また違う記事に書きます)

 

今まで教わったことが声を出しにくくしていた!? 

 

 アレクサンダーはまた新しいことに気がつきます!

 

それは舞台で声を出すときカラダの動きに様々なクセがあること。

 

クセは今まで演技のレッスンでお世話になった先生に教えてもらったことがほとんどでした、、、

 

声を出すときに一緒に発動するクセ(例えばです)

*足首を固めている

*肩があがらないようにしている

*胸を張っている       etc...

 

なにかをしようとするときにカラダに染みついたクセや動きが一斉に発動するのです。

 

 アレクサンダーは今まで声を出せるようにと観察、分析、実験を繰り返しましたが、声だけではなくカラダの全てを見直す必要がある!と決意をあたらにしました。

 

クセは根深く残っている、、、

 

観察、分析、実験を繰り返しているうちに声の調子も少しずつ良くなっていきました。

ですがふいに元のカラダの動きに戻ることがありました。

 

アレクサンダーは再び声を出すときの動きの観察をはじめました。

 

自分の感覚があてにならないということにアレクサンダーは気がつきました。

 

しっくりしている感じがしても実はやりたいことの正反対のことをしてたり、、、

 

 

クセから離れるにはなにをしたらいいんだろう

 

いつもの慣れている感じでやってしまうと自分のやりたいこととは違う結果を生んでしまいますよね。

クセって恐ろしいですね。やりたいことに適したクセならいいのにと心から思います。

 

かといってクセをやらないようにしなきゃ!!みたいに考えるのはいい結果を得ることができなかった。

 

 なにをすればいいのか、、、

 

感覚を頼りにするのをやめて、自分のやりたいことをするために何か新しいことを意識的にやることが大切なんだと気がついたのです。

 

クセのことを考えながらやるよりも、やりたいことを意識的にやるほうがクセが発動しにくくなってやりたいことができるようになっていきます。

 

アレクサンダーの声はどんどんよくなっていきました。

声以外にもカラダの全体的な機能が向上していきました。

 

声の不調から復活したあと 

 

彼はその後メルボルンとロンドンで呼吸と発生についてのレッスンを多くの人に行いました。

 

これがアレクサンダーテクニークが生まれたきっかけです。

 

 

どんなことにアレクサンダーテクニークは役立つの??

 

まだまだ認知度が低いアレクサンダーテクニークですが様々なことに役立ちます。

 

*パフォーマンスの向上

 

役者、音楽家、スポーツ、ダンス、ヨガ、ピラティス、モデルなど

 

*日常生活や仕事

 

プレゼン時の声の出し方、デスクワークをするときの座り方、コミュニケーションスキルの向上など

 

肩こりや腰痛の改善、重い荷物を持つ、歩き方など

 

アレクサンダーテクニークはやりたいことをするためにカラダをより機能的に動けるようにするものです。

なので様々なことに役立ちます。

 

さいごに

この記事をきっかけにアレクサンダーテクニークっていろんなことに役立つんだ!!レッスン受けてみたいなーってなりましたなんて言われたら泣いて喜びます!

 

僕はアレクサンダーテクニークを始める前は肩こりと腰痛に悩んでいました。

 それが数ヶ月でほとんど解消して、肩こりと腰痛で悩むことはなくなりました。

演奏も少しずつ変化していって、どこかでうまくなれないかもと諦めていたのが、もっとうまくなれるじゃん!!ってなりました。

ひとつ言えるのはアレクサンダーテクニークに出会えてよかったの一言です。

 

ではまた 

岡本元輝

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

息を吐くときのカラダってどんな動きをするの?

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝です。

 

今日は呼吸(ブレス)をして吐くときにカラダでどんな動きが起こっているのかを簡単に書きます。

 

 楽器を吹くときにこんなこと言われたことありませんか??

 

『息を吸った状態を保ちながら吹く』
『もっとお腹を使って!!』

 

最初のうちは効果的だったんですが、ずーっと保ちながら吹くのってすごく大変じゃないですか??


お腹がずっとギュッとしてる感じもするし、吹くのが辛くなったときもありました。


このときぐらいからお腹を使うって何?どうやってやればいいのさ!!

という疑問が生まれました。

 

だって楽に吹きたいじゃないですか!!

 

息を吸う時の動きを思い出してみましょう

 

☆息は肺に入る

☆息が肺に入るとき肺は膨らみ、肋骨も動く

☆横隔膜は息を吸うときに下の方向へ動く

 

簡単にまとめるとこんな感じです。

 

息を吐くときにどんな動きが起こってるの??

 

☆肺が元の大きさに戻る動き

☆肋骨が元の位置に戻る動き

☆横隔膜が元に戻る動き

 

これは吸った時ととは逆の動きですね!

 

楽器を吹くときにはもう少し吐くときのエネルギーが必要です!

 

ここで活躍するのが腹筋群と骨盤底筋群です!

 

腹筋は前だけじゃない!!

 

腹筋って言われると6つに割れた腹筋を思い浮かべますよね!

 

f:id:okamotogenki:20170618220058p:image

6つに割れる腹筋を腹直筋といいます!

腹直筋は吹いているときにギュッと力を入れたりできる筋肉です。

演奏中ずーっとギュッとして頑張っているのは大変です。

 

実は息を吐くためにこの腹直筋よりもすごくエネルギーのある腹筋がいるんですよ!

 

ですがその腹筋は感じることの出来ない筋肉なんです(T-T)

 

その名を腹横筋といいます!

 

では腹横筋をみてみましょう!!

f:id:okamotogenki:20170618221650p:image

 

お腹の前後を腹巻のみたいにくっついています!腹筋群の中で一番カラダの内側にある筋肉がです。

この筋肉が息を吐くときに活躍します!

 

どんなときに動きが活発になるのか、、、

 

☆咳をするとき

風邪をひいて咳のしすぎてお腹が筋肉痛になったことありませんか??

普段使われていない腹横筋がたくさん使われたことで筋肉痛になります。

 

 実際に咳をして腹横筋の動きを体感してみましょう!!

両手で脇腹を触ってワザと咳をしてみましょうう!

思いっきりゴホッ!!ゴホッとやりましょう!

このとき両手を押すような動きがあったら腹横筋が動いている証拠です!

 

腹直筋のギュッとするのをやめて吹いてみよう!

 

実際に楽器を使ってやってみましょう!!

 

*普段お腹を使ってと言われたときに使いがちなの腹直筋をギュッとした状態で演奏してみましょう! 

いつも通りな感じがしましたか??

 

ここからが大事です!

 

*腹直筋のギュッをやめてお腹の緊張感を緩めてみましょう。

息を吐くときに腹横筋が動いてくれると思って思いきり吐く!

このとき息を上の前歯の後ろあたりに思いきり当てるつもりで息を吐いてみるのがコツです!!

 

音や自分のカラダに変化はありましたか??

 

みなさんはどちらを選んで演奏しますか??

 

ぼくは腹直筋を緩めて腹横筋が動いて息を前歯の後ろあたりに当てるつもりで吹くのが気に入っています。

 

フルート奏者は腹横筋が発達している!?

 

ちょっとだけ余談をはさみます。

 

 フルートをやっている人がよくやる練習法が腹横筋をたくさん使うみたいなんです。

 

その練習法とは!!ズバリ!!

 

タンギングなしで息で音を切る練習です!

 

息を思いきり使います!

音色とかはあまり気にしません。

 

フッッッ!!フッッッ!!フッッッ!!

 ハッッッ!!ハッッッ!!ハッッッ!!

ホッッッ!!ホッッッ!!ホッッッ!!

 

スケールでやったり一曲丸々タンギングなしでやったりすることもあります。

 

 息を出すときに腹横筋よりもすごい力をもった筋肉がいます!!

 

骨盤底筋群と呼ばれるグループです!

 

さてどこにある筋肉なのか!

 

 なんとなく察しはついてしまいますが、骨盤の底に集まっている筋肉たちを骨盤底筋群と呼んでいます!

 

ではみてみましょう!!

 

f:id:okamotogenki:20170619210654p:image

正面からみた骨盤底筋群。

 f:id:okamotogenki:20170619210702p:image

真上からみた骨盤底筋群。

f:id:okamotogenki:20170619210719p:image

後ろからみた骨盤底筋群。

 

 この底に集まっている筋肉たちが息を吐くときにとっても活躍してくれるのです!!

 

どんな動きをするのか簡単に言うと!横隔膜と反対の動きをします!

 

つまり!

*息を吸うとき

骨盤底筋群は下に緩みます。

 

*息を吐くとき

緩んだので上に戻ります!この動きが吐くエネルギーとして大きな力を持っているのです!

 

まとめ

*ギュッとするのをやめてお腹を緩やかにして息を吐く

*息を吐くときに活躍してくれる筋肉は腹横筋と骨盤底筋群

*お腹は緩やかになっている方が動きやすい。

*息を上の前歯に当てるイメージを持って吐く

*骨盤底筋は吸うときに下に緩み、吐くときに上に戻る。

 

最後に

 

少しカラダのことを理解するだけで楽器の演奏や音は変わります。 

たまに人の演奏を聴いて焦ることもありますが自分のペースを大切にして練習と勉強をしていきたいと思っています。

 

ではまた。

岡本元輝

 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

@