アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

世界のフルーティストVol.12

 こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

 

だいぶ更新が空いてしまいました、、、

 

これからちょっとずつ再開していこうとおもいます。

 

セバスチャン・ジャコー

 

神戸国際フルートコンクールなどで入賞している若手フルーティストの中で今一番注目されている演奏家です。

 

彼の音楽がとっても魅力的なんです。

 

彼自身がyoutubeに投稿している動画を見たとき、『すごくうまい!!こんな演奏してみたい!』って思いました。

 

ではお聴きください。

 


Sébastian Jacot- Reinecke Flute Concerto

 


Ballade Philippe Gaubert

 

 

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

1年後、5年後、10年後の自分は何してる?どうなっていたい?今できることを実行しよう!!

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

年が明けてあっという間に日が経ってしまいました(ToT)

 


1日って24時間・1440分・86400秒

 

このうち自分のやりたいことのためにどれぐらいの時間を費やせるのか。

会社員の人。学生の人。主婦の人。フリーランスの人。

 

それぞれの生活リズムがあります。


時間ってたくさんあるように見えて実はそんなにないのかもって最近思ってしまいます。


『やりたいこと』や『こうなっていたい!』はあるけど

 

本当にできるか不安。
無理かもしれない。
時間が足りないかも。


こう思っていませんか??

 

それは本当でしょうか。

 


あなたは何か行動に移しましたか??

悩む前にまず行動しませんか??


迷っている時間ももったいないです。

 

ここで大事なのが自分のやりたいことや、こうなっていたい自分になるにはどんなことをする必要があるのか。

 

これをクリアにすることが大切です。

そして今から出来そうなことから試してみましょう!

 


例えば、英語を話せるようになりたいとしましょう。


1週間後
どうなっていたい?
簡単な挨拶を言えるようにしたい。


どんなことができる?
☆海外ドラマを観てマネをする
☆いろんな挨拶を紙に書いて声に出す などなど

 

1ヶ月後


どうなっていたい?
何ができる?

 

こうやってやりたいことに対してできること、これをやったらいいんじゃないかを試してみましょう!

 

 

 

10年後、みなさんはどういう自分になっていたいですか??

何をしていたいですか?

 

今、やれることからやる。 

 

これってすごく大事なことだなって思います。

 

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

【フルート】タンギングをするとき、舌ばかりに意識がいっていませんか?

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです。


先日バジルさんの授業でトリプルタンギングについてレッスンを受けました。

 

自分では気づいていなかったことを教えてくれました。

T K Tってトリプルタンギングをしていたんですが、3つ目のTまで息を吐ききれてなかったんです。

T Kまではよかったんですが、3つ目のTで息が減衰していたんです。

これには驚きました!

最初は舌の動きに問題があるのかもって思ってたんですが、舌ではなかったみたいです。

息がしっかりと吐けていなかったので満足する音が鳴らず、音がうまく並ばなかったみたいです。


しっかり吹いている、吐いているつもりになっていたのかもしれません。

タンギングはどうしても舌がしっかり動いているかに意識がいってしまいますが、音を鳴らすためには息を吐く必要があります。

どちらもバランスよくする必要がありますね。


これで自分のタンギングが大きく改善出来そうです。


ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

世界のフルーティストVol.11

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

今日紹介するのはアメリカの女性フルーティストです!

 

 

エイミー・ポーター

 

アメリカのミシガン大学の教授をされている方で、神戸国際フルートコンクールでの入賞経験があります。

 

生で演奏は残念ながら聴いたことはないのですが、とってもダイナミックで繊細な音楽をする方という印象があります。

 

パワフルでアグレッシブ、なのに繊細な演奏にとっても魅力を感じます。

 


Amy Porter performs Regrets and Resolutions by Gary Schocker

 


Griffes Poem for Flute and Piano

 

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

レッスンをしているときに『いいこちゃん』を演じていた自分。

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです。

 

 

今ぼくはアレクサンダーテクニークを使って『教える』練習を学校でしています。

授業のなかでレッスンをしているときに生徒さんに当たり障りのないことを提案してなんとかしようとしました。

 

先生はバジルさんだったんですが、『本当はもっといいたいことあるんじゃない?』って言われました。

 

なんとなくあるし、気になってることもある。

なんで最初に気になっていることが言えなかったのか。

 

生徒さんが傷ついてしまうかも。本当にこんなこと言っていいのか。

って気にしている自分がいたんです。

 

生徒が傷つけないように。自分も傷つかないように。

 

だから当たり障りのない提案をする。それなりに効果の出そうな提案をしました。

 

でもそれはお互いにとって『実りのあるレッスンになるのか』と言われるとYesとは言えません。

 

そして自分のやりたいレッスンなのかと言われたら答えはNoです。

 

だって本当はもっと提案したいことがあるし、提案したらどんな変化が起こるのか気になります。

 

自分でそのチャンスを摘み取っていたんです。

 

言いたいことを言おうとしているときのほうが活き活きとして気持ちも楽でした。

 

これからは素のままに。

 

ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

【期間限定】無料体験レッスン実施中

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです。

 

2018年がスタートしました!

 

☆何か新しいことに挑戦しようかなって思っている方

☆もっとうまくなりたいかた 

 

期間限定で無料体験レッスンを実施しております!《1月〜3月末日迄》

 

 

こんなことに悩んでいませんか??

 

✔︎楽器の持ち方、構え方がしっくりこない。

 

✔︎お腹ってどうやって使ったらいいのかわからない。

 

✔︎難しいパッセージで指が動かない。

 

✔︎ブレスが上手くできない

 

✔︎もっと上手くなりたいけど、どうやったらいいのかわからない。

 

✔︎もっと楽しく演奏したい。

 

一つでもあてはまった方はぜひ一度レッスンにいらしてください。

 

こんな方にオススメです!

 

♫練習しているけどなかなか上達しない方

 

♫基礎からゆっくり学びたい方

 

♫緊張して思うように演奏ができない方

 

♫頭が真っ白になってしまう方

 

♫演奏しているときのカラダの使い方を知りたい方

 

ぼく自身演奏しているときの、カラダの使い方や緊張に悩んできました。

なのでみなさんのお力に少しでもなれたらと思っています。

 

楽しくステキな音楽ライフを送るために全力を尽くします!

 

他の先生とは違う所

 

♪アレクサンダーテクニークの教師資格を取得中

演奏に役立つカラダの使い方や、考え方などを勉強しています。

なのでフルート以外のレッスンも可能です!

管楽器・弦楽器・歌・ピアノなどもぜひ一度お越しください!

 

♪怒りません

 

♪生徒さんのやりたいことや挑戦したいことを尊重してレッスンを進めていきます

 

お問い合わせ

 

※お申し込みの際の注意事項

 

件名に『レッスン希望』をご記入の上、本文に下記の情報をご記入ください。

 

*氏名

*年齢

*経験年数

*ご希望の曜日や時間

候補日を何日か提示していただけるとありがたいです。


at.genki.okamoto@gmail.com 

こちらのアドレスにお気軽にご連絡ください。

 

みなさまとお会いできることを楽しみにしております!

 

こちらも合わせてごらんください

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 


世界のフルーティストVol.10

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

このシリーズも10回目になりました!!

 

ご紹介するのは僕の師匠です!

 

 

甲斐 道雄 

 

 

道雄先生は前回ご紹介したカール・ハインツ・ツェラーの弟子です。

フィルハーモニカーフンガリカでフルート奏者として活躍後に武蔵野音楽大学フルート科教授をなさっていました。

 

 

ぼくは高校3年間道雄先生に習っていました。

道雄先生はいつも優しくて色々なことに挑戦させてくれました。

 

『まぁ ええがな』が口癖ですごく暖かい先生。

レッスンはとにかく色々な曲に触れることと挑戦すること。

 

練習曲はいつも2〜3曲用意して、それにプラス先生がやってみたら?と言った曲。

 

 

まだまだフルートの曲を全然知らないからいろんな曲を吹けるのがすごく楽しかった。

 

僕が大学3年生のとき、天国にいってしまったけれどずっと僕の中には先生との思い出が詰まっています。

 

 

それでは道雄先生の演奏をお聴きください。

 


Silent Tone Record/甲斐説宗:フルートのための音楽,松平頼暁:フルートとピアノのためのブリリアンシー、高橋悠治:チット,湯浅譲二,坪能克裕/甲斐道雄,高橋悠治

 

先生のCDは『個展』というタイトルで出ています!

 

 

ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com