ふえげんき

演奏に役立つカラダの使い方・ココロの使い方について書いてます

【フルート】初心者でもできるダブルタンギング上達法!

こんにちは!げんきです。

 

 

ダブルタンギングが苦手だよって人は「ク」の発音がうまくいっていないことがとっても多いです!

 

そういう人はまず「ク」だけで音を出す練習をたくさんすることがとっても大切!!

 

 

ぼくは今でもやってます!

「ク」の発音だけで1曲吹いたりもします。

 

もちろんはやくはできないのでゆっくりね。

 

 

なんで「ク」の発音を練習する必要があるのか。

 

 

「トゥ」で発音することに慣れていますが、そもそも「ク」の発音に慣れていない人が多い

 

 

なのに!

 

 

今まで「ク」の発音をしたことないですよ!って人が

トゥクトゥクトゥクトゥクトゥクトゥクトゥクトゥクー」っていきなりできると思いますか?

 

 

よほどのセンスがない限り無理。

 

だからこそ「ク」の発音で音を出す練習がちょーーーう大切です!!

 

 

もし仮に

 

「トゥ」の発音で出た音が「10」

「ク」の発音で出た音が「3」

 

この状態でダブルタンギングで音を出したら

 

 

ものすごくバランスの悪い音が並ぶのがわかりますか?

 

 

凸凹みちみたいになります。

 

 

 

これからダブルタンギング練習するよ!

苦手だよ!

 

って人はまず「ク」で音を出す練習をしましょう!!

 

 

「ク」のレベル上げをしてダブルタンギングをみにつけましょう!!

 

 

余談ですが、、、

 

タンギングは楽器がなくても練習できます!

歩きながらでも「ク」って言い続けるとはやくできるようになりますよ!

 

 

ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

ひとりでできる!簡単アレクサンダーテクニーク➁


こんにちは!

フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です!

 

 

アレクサンダーテクニークを使うって

なにすればいいの?

どんないいことがあるの?

 


思っている人がたーくさんいるとおもいます!

 


アレクサンダーテクニークを使うと

楽器の演奏や日常生活の悩み、問題が改善します。

 


ぼくはレッスンを受けていくうちに肩こり・腰痛、演奏時の呼吸や楽器のかまえかたなどがすごく楽になりました!

 


今では肩こり、腰痛はほぼないです!

これがなくなって本当によかった。

大学生の時に軽いギックリ腰をしたので笑

 


アレクサンダーテクニークのレッスンってどんなことするのか全く知らないし、本当によくなるのかわからない。

 

 

 

だから受けてみようかな?どうしようかな?って迷う人が大量発生してます笑笑

 


だってこわいから。

 


だって知らないから。

 


知らないって結構こわいことなんですよ。

 

 

でも一度レッスンを受けて安心することができたらもうこわくない!

 


今回はそんな風に迷っている人や考えている人がレッスン受けてみたいなって思えるように記事を書いています!

 


なので

簡単に!しかもひとりでできる!

アレクサンダーテクニークのやりかたをお伝えします!

 

 

ひとりでできるアレクサンダーテクニークのやりかた➁!

 


簡単な動きのほうがわかりやすいので、腕を上にあげる動きでアレクサンダーテクニークを体験してみましょう!

 


Step1

 
まずはじめに左右の手のひらを頭のてっぺんにのせます。

 


Step2

 

頭の上にのせたら左右の手のひらで頭を下の方向に押します!

このとき押している手に対して頭で抵抗します。

グーーーっと押します。

 


Step3

 
押し続けている手を離します

離した瞬間に自分の頭と体全体がどんな動きをするのか観察してみてください。

 


手を離したときのうごきを観察ができましたか??

 


Step4

 


手を離したときに動いていった方向に自分の頭と体全体を動かすぞーー!って考えながら腕を動かしてみましょう。

 


さて、腕をあげる動きになにか変化はありましたか??

 

 

step4

→アレクサンダーテクニークを使って腕をあげる

 

でした。 

step4がスムーズだったよという人

アレクサンダーテクニークを使って腕をあげる動きができました!!

 

 

 

もしよくわかんなかったよ!という人はぼくの文章でお伝えする力がまだまだ未熟だということですね。

 


よくわからなかったーって人は➀を読んでみてくださいね♪

 

 

 

ではまた!!

 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

ひとりでできる!簡単アレクサンダーテクニーク➀


こんにちは!

フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です!

 

 

アレクサンダーテクニークを使うって

なにすればいいの?

どんないいことがあるの?

 


思っている人がたーくさんいるとおもいます!

 


アレクサンダーテクニークを使うと

楽器の演奏や日常生活の悩み、問題が改善します。

 


ぼくはレッスンを受けていくうちに肩こり・腰痛、演奏時の呼吸や楽器のかまえかたなどがすごく楽になりました!

 


今では肩こり、腰痛はほぼないです!

これがなくなって本当によかった。

大学生の時に軽いギックリ腰をしたので笑

 


アレクサンダーテクニークのレッスンってどんなことするのか全く知らないし、本当によくなるのかわからない。

 

  

だから受けてみようかな?どうしようかな?って迷う人が大量発生してます笑笑

 


だってこわいから。

 
だって知らないから。

 


知らないって結構こわいことなんですよ。 

 

 

でも一度レッスンを受けて安心することができたらもうこわくない!

 
今回はそんな風に迷っている人や考えている人がレッスン受けてみたいなって思えるように記事を書いています!

 

 
なので

簡単に!しかもひとりでできる!

アレクサンダーテクニークのやりかたをお伝えします!

 

 

 

ひとりでできるアレクサンダーテクニークのやりかた!

 


簡単な動きのほうがわかりやすいので、腕を上にあげる動きでアレクサンダーテクニークを体験してみましょう!

 

Step1

 
腕をいつも通りにあげてみましょう。

 


Step2

顎を後ろに引いて頭をギュッとして首を下方向に力を入れてみましょう!

この状態で腕をあげます!

 
おそらくものすごくいやーーな感じがするでしょう。腕をあげる動きがスムーズではなくなったと思います。

 

 Step3

 
Step2のいやーな状態をやめます。  


step2の状態をやめたときに自分の体全体と頭がどんな方向に動いていったのか。どんな感じがしたのかよーく観察してみてください!

 

みなさんギュッとするのをやめたときのうごきを観察ができましたか??

 


Step4

 

ギュッとしたのをやめたときに動いていった方向に自分の頭と体全体を動かすぞーー!って考えながら腕を動かしてみましょう。

 
腕をあげる動きになにか変化はありましたか??

 

 

 
腕をあげるという動きを3種類体験してもらいました!

 
step1

→いつも通り

 
step2

→動かしにくい状態

 
step4

→アレクサンダーテクニークを使って腕をあげる

 
みなさんは3つのなかでどれが一番スムーズに腕をあげることができましたか??

 


step4がスムーズだったよという人

アレクサンダーテクニークを使って腕をあげる動きができました!!

 

  

もしよくわかんなかったよ!という人はぼくの文章でお伝えする力がまだまだ未熟だということですね。

 


もうひとつのやりかたも近日中にアップするので、よくわからなかったーって人はそちらも読んでみてくださいね

 

 

ではまた!!

 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

【フルート】おすすめの時短ウォーミングアップ➁(本番前や忙しいみなさまへ)

 

こんにちは!フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です!

 

 

 

フルートを吹かない日が続くと結構不安ですよね。

 


・音はちゃんと出るかなぁ

アンブシュアがうまく作れるかなぁ

・音の立ち上がりがクリアかなぁ

・音がカスカスだったらやだな

アンブシュアうまく作れるかなぁ

 


などなど。

このような経験ありませんか??   

 


そんなあなたに時短ウォーミングアップを数回に分けてご紹介します!

 

 


アンブシュアを目覚めさせるウォーミングアップ  

 

 

 

今回はアンブシュアを目覚めさせるウォーミングアップをご紹介します。

 

 

 

ウォーミングアップを紹介する前に明確にしたいことがあります!

 

 

 

アパチュアとアンブシュアのちがい。

 


似ている言葉だけどちゃんと違いがありますよ笑

 


アパチュア

→唇の間にできる穴(息の通り道)

 


アンブシュア

→アパチュアの大きさをコントロールするために必要な口周辺の筋肉活動

 


フルート吹きにとってこの2つのコントロールってすごーく大切なんですよ!!

 


アパチュアが大きいまま吹き続けると息はすぐに減ります。

かといってアパチュアが小さすぎたら満足した音色が得られるのか。

それは人によって違うかもしれません。

 


アパチュアとアンブシュアのコントロールは結構繊細なんです!

 

 

 

ですがここを丁寧に磨いていけば、音色もよくなりますし、息の量のコントロールもできるようになります!

 


なによりも柔軟なアンブシュアとアパチュアのコントロールはフルートを演奏するためにとっても大切なスキルです!!

 


アンブシュアに必要な筋肉はどこ?

 


主に口輪筋と呼ばれる筋肉ですが、顔にはさまざまな筋肉がついています。

 


まとめて表情筋って呼んだりしています!

 


喜怒哀楽の表情を作る筋肉ちゃんたちです!

 


にっこり笑ったり、暗い顔したり、怒った顔したり。

 


ぜーんぶ表情筋^ ^

 


アンブシュアを動かすときに口輪筋だけじゃなく、顔にある表情筋ぜーんぶを意識してみたらどうでしょうか^ ^

 


楽器を吹く前に顔全体をいろんな表情をして動かしてみるのもいいウォーミングアップなると思います♪

 

 

 

顔についている筋肉たち

 

正面

※青い部分は口輪筋です。

 

f:id:okamotogenki:20190110210307p:image

 

右側

 

f:id:okamotogenki:20190110210313p:image

 

左側

 

f:id:okamotogenki:20190110210337p:image

 

 

 

 

アンブシュアを目覚めさせるウォーミングアップのやりかた

 


みなさんハーモニクスという奏法をご存知ですか??

 


ハーモニクス

→低音域の運指のまま倍音列の音を出す奏法です。

 


実はこの奏法がアンブシュアを目覚めさせるのにもってこいなんです!!

 


例えば

F(ファ)の運指のまま

1オクターブ上のF

1オクターブと5度上のC(ド)

2オクターブ上のF

2オクターブと3度上のA(ラ)

こういった音がハーモニクス奏法で出せます!

 


初心者のかたむけのウォーミングアップ  

 


・高い音がなかなか出せないよ!

・オクターブの跳躍がうまくいかないよ!

 


と悩んでいる方もぜひトライしてみましょう!

 
なぜならハーモニクスができるようになると必要な口周りの筋肉たちが育っていくのでだんだんと高い音も出せるようになっていくと思います!

 

ハーモニクスで1番下の音から1オクターブと5度上の音まで吹けるようにやってみましょう!

※やるときの注意点

・自分の出しやすい音量、息の量でやりましょう

・1つずつの音をタンギングしてやりましょう

 

中級者のかたむけウォーミングアップ  

 

☆一番下の音から2オクターブ上もしくは2オクターブと3度上の音までトライしてみましょう!

※やるときの注意点

・自分の出しやすい音量、息の量でやりましょう

・1つずつの音をタンギングしてやりましょう

 


上級者のかたむけのウォーミングアップ  

 

☆一番下の音から高い音までをスラーで吹けるようにトライしてみましょう!

また高い音から下の音までスラーで下がっていくのもトライしてみましょう。

※やるときの注意点

・自分の出しやすい音量、息の量でやりましょう。

・スラーはなるべく滑らかに音が移り変わっていくようにやりましょう。

 

 

 超上級者のかたむけのウォーミングアップ  

 

音中、音高、音大生などやってみるといいかもしれません。

☆超超ppでタンギングとスラー(上行、下行)でやりましょう

 

※やるときの注意点

・ささやくようなppでやってみましょう

・高い音のppはでなくてもOk!アンブシュアを意識的に使っていることが大切です。

・低い音から息の量はあまり変化させずに、息のスピードを上げていく意識をもちましょう!

 

 

 

アンブシュアを動かすときのイメージ!

 


タコの口とアヒル口です!

タコの口

→だんだん高くなっていくときにアンブシュアを前方向にすぼめていくようなイメージ

アヒル口

→高くなっていくときにアンブシュアを前方向に出すようなイメージ

 


どっちが自分に合っているか。

両方試してお好きな方を使ってみてください。

 


アンブシュアを作るとき、まとめるときに横に引く人もいらっしゃると思いますが前方向にまとめていく動き(タコの口とアヒル口)を僕はオススメします。

 


僕も横に引いていましたが、前方向に動かすようにかえたらより柔軟なアンブシュアコントロールが以前よりできるようになりました。

とはいえまだまだ修行中ですが。

 

 


世界のトップ奏者の方がいう「アンブシュアはあまり動かさない」は本当なのか。

 


超絶うまいフルーティストは本当に小さい動きのアンブシュアコントロールをやっていると僕は思っています。

 


そういう方たちの感覚は「アンブシュアをあまり変化させていない、動かしていない」のかもしれません。

 


ですがそれは熟練したフルーティストのなせる技なんです!!

 


アンブシュアは動かさないを真に受けて、アンブシュアを動かさず、固定するのは危険です。

音色の変化や、アンブシュアの柔軟性は失われてしまいます。

 


なのでご自分のペースで少しずつアンブシュアを育てていきましょう!!

 

 ぼくもまだまだ頑張ります!


ではまた!!

 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ウォーミングアップは大切だと再認識

こんにちは!フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です。

 


実は今練習時間が少ないなかでリサイタルで演奏する曲に取り組んでいる状況です。

自分にとっては挑戦!

 

少ない時間でも質のいい練習をするぞ!と思っているのに焦りを感じていたんです。

 

そのときはウォーミングアップせず曲に取り組んだんです。

 


結果全然うまくいかないんですよ。

 


自分はこんなに下手か??と思ってしまうぐらいうまくいかない。

 


時間が経てば良くなってきますが、練習スタートした時点でもうモチベーションも急降下。

 

 


 そういう日が数日年末年始にかけてありました。

 

 

 

ちょっと待てよと。

お風呂に入りながら考えてました。

 


ウォーミングアップしたか??

自分のカラダの準備はできていたのか??

 


答えは簡単。

 


ウォーミングアップしていない。

結果カラダの準備は不十分。

 

 

そりゃうまくいかないよなと。

妙に納得した自分がいました。

 


短時間でもいいからウォーミングアップが大切だと再認識した年明けでした。

 

 


ではまた!!

 

 

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

【フルート】オススメの時短ウォーミングアップ①(本番前や時間がない人へ)

こんにちは!

 

フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です!

 

フルートを吹かない日が続くと結構不安になりませんか?

 


・音はちゃんと出るかなぁ

アンブシュアがうまく作れるかなぁ

・音の立ち上がりがクリアかなぁ

・音がカスカスだったらやだな

アンブシュアうまく作れるかなぁ

 

などなど。

   

そんなあなたに時短ウォーミングアップを数回に分けてご紹介します!

 

 

 

息を吐くことを助けてくれる筋肉!その名も腹横筋! 

 

今回はお腹を目覚めさせるウォーミングアップ をご紹介します!

 


楽器を吹くうえで大切なのは息を吐くこと!

 管楽器や歌は息が音を出し、表現をします。


息を吐くための筋肉が動ける状態にすることが大切です!!

 


息を吐く=お腹を使う。だとすると。

一番最初に思い浮かぶのが腹筋!!

 


あの6つに割れた腹筋です!

 

 

ですが!!腹筋にも色々な筋肉があるんですよー!

知ってましたか??

 


今回はそのなかでも息を吐くために大活躍してくれる筋肉を紹介します。

 

 

その名も『腹横筋』

 

 

腹筋群のなかで1番体の内側についている筋肉です!

インナーマッスルといったらピンとくる方もいるのではないでしょうか。

 


腹横筋は残念ながら使っている感覚というものはないのです。

 


ですが!腹横筋を使うぞーって考えながら、意識しながらこれからご紹介するウォーミングアップ をやってみてください!

意識することがとーっても大事です!

 

 

正面からからみた腹横筋

f:id:okamotogenki:20190107233728p:image

 

側面からみた腹横筋

 

f:id:okamotogenki:20190107233734p:image

 

この筋肉を目覚めさせるのです!

 

  

お腹を目覚めさせるウォーミングアップ のやりかた

 


タンギングなしで音を短くきる

 

フッ!フッ!フッ!っていう感じで音を短くきってみましょう!

この時に腹横筋を意識することを忘れずにフッフッフッとやりましょう!


ねっ!簡単でしょ??

 
やるときの注意点!

雑音が多くて汚いと思う音が出てしまいますがあまり気にしないこと。

息を吐く筋肉たちを目覚めさせるのが目的です!

 

 

お腹を目覚めさせるウォーミングアップ にオススメの教材

 

♪ソノリテ:アタックと音の連結

♪タファネル・ゴーベール:17の日課練習より No1 No2

ライヒャルト:7つの日課練習 No2

 

などがオススメです!

タファネル・ゴーベールとライヒャルトに関しては全部の日課練習を日替わりでやるのもありかなと。

 

それでは!今週中には②を更新しようと思います!

 

お楽しみに♪

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

【コンサートのお知らせ】岡本元輝 フルートリサイタル ~水の精と人間の哀しき恋~

こんにちは!

 

フルート吹き、アレクサンダーテクニーク教師(仮免許)の岡本元輝です!


このたび地元横浜で人生初のリサイタルを開催いたします。

 

 

ご挨拶

 今回共演するピアニストの鈴木萌子さんは高校3年間同じクラスで過ごしたかけがえのない友人です。

一緒に音楽をする喜び、聴いてもらえる喜びを楽しみ、味わいながら演奏したいと思っております。

 

プログラムはフルートの名曲とともに、多くの人に知ってもらいたい、演奏してもらいたい隠れた曲を皆様にお届けします。

 

演奏会詳細


▪︎2019年3月15日(金)

▪︎19:00 開演 / 18:30 開場

▪︎大倉山記念館ホール 東急東横線 大倉山駅 徒歩7分

 
▪︎プログラム

N.ロータ   5つの小品

F.ドップラー    ヴァラキアの歌

F.アミロフ       6つの小品

E.シュルホフ   フルートソナタ

C.ライネッケ   フルートソナタウンディーネ」Op.167

 



▪︎出演

フルート:岡本元輝

ピアノ :鈴木萌子

 

▪︎料金

予約 2500円 ペア 4500円

当日 3000円 ペア 5500円

※チケットは発行致しません。(要予約)

料金は当日開演10分前までに受付にてご精算をお願い致します

 


▪︎ご予約・お問い合わせ

concert0315@gmail.com  (岡本)

 


皆様のご来場心よりお待ちしております

 

f:id:okamotogenki:20190105112450j:plain

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com