アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

腕のことを知ると楽器を構えるときに役に立つ!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です!

 


楽器って形、大きさ、重さ様々ですよね。


フルートも小さいものから大きいものまであります!

 

演奏するために吹く技術はもちろん大切ですが、構えることも技術のひとつだと思います。

 

なぜなら吹いている時のカラダの使い方に楽器の構えは大きく影響するからです。

 

ぼくがアレクサンダーテクニークをはじめたきっかけがもっと吹きやすい構えを知りたいからでした。

 

 

楽器を構えるときに活躍するところはどこだと思いますか??

 

 


答えは腕です!!

 

楽器を構える以外にも荷物を持つとき、物を取るとき。などなど

 

腕は日常生活で大活躍です!!

 

これらの動きをするときに少しでも腕について知っておくと動かし方がかわります!

 

 

腕のはじまりはどこ??

 

これを知ったときものすごく衝撃的でした!!

 

みなさんはどこだと思いますか??

 

 

 

実は鎖骨が腕のはじまりなんです!

 

 

腕のはじまりって肩関節からだと思っていたのでとても驚きました!!

 

 f:id:okamotogenki:20170816231115p:image

正面からみた腕構造

 

胸骨(青くなっているところ)と鎖骨が出会うところが関節になっています。
胸鎖関節っていいます。

 

この関節が腕の動きのはじまりなんです!

 

f:id:okamotogenki:20170810215158p:image

横側からみた腕構造

 

*腕は鎖骨から動かせるって思うと動かし方がかわります!

 

肩甲骨も腕の仲間!

 

腕を動かす時に大事にしたい骨があります!!

 

それは肩甲骨です!

 

 

肩甲骨は腕構造の仲間なんです。

 

f:id:okamotogenki:20170816214310p:image

 

f:id:okamotogenki:20170816214309p:image

 

肩関節のところで鎖骨と肩甲骨、上腕骨が靭帯で繋がっています!!

 

 

つまり腕を動かすときに肩甲骨も一緒に動くのです!!

 

 

実験をしてみましょう!!

 

〜実験1〜

 

*肩関節から先が腕だと思って手を前に出す

 

*鎖骨から腕だと思って手を前にだす

 

〜実験2〜

 

*手を上にあげる

 

*鎖骨から動かすと思って手を上にあげる

 

*鎖骨から動かす&肩甲骨が動いてもいいと思って手を上にあげる

 

 

やってみてそれぞれ違いはありましたか??

 

 

楽器を構えるときに提案したいこと

 

*腕は鎖骨から動く

 

*腕を動かすときに肩甲骨も動いていい

 

*マウスピースを当てる口は鎖骨よりも上にある

 

*楽器を上にあげるときに肩甲骨が動いてもいい。肩があがってもいい

 

などなど 

 

もっといい提案が見つかったら書き足します。

 

さいごに

 

 

今回は主に腕構造(骨)についてでした。腕を動かす筋肉のことも触れていきたいなと思っています!

 

ぼくはアレクサンダーテクニークを学んでからカラダの構造を知って楽器の構え方が変わりました。

構え方を変えたことで腰痛、肩こりなどの痛みからも解放されました。

 

 

なにより嬉しかったのが音に変化があったことです。

 

今までの構え方を新しい構え方にするのは慣れない感じがして大変でした。

ですが痛みがある状態と痛みがない状態を知ったので頑張って新しい構え方に変えました。

今でも構え方については色々実験しています。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おかもとげんきってこんな人

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です!

 

普段ブログばかりじゃ自分のことがあんまりわからないと思うでパーソナルな部分を書いてみようかなと思います。

 

簡単プロフィール

 

*名前

岡本元輝(おかもとげんき)

人生で何回『げんき、元気?』って言われたことか。

すぐに名前を覚えてもらえます!!

 

*出身

横浜生まれ、横浜育ち 横浜在住 ハマっ子です!!

横浜大好きです! みなとみらいを自転車で走るのが最高に気持ちいいです!

 

*趣味

フィギュアスケートをみること。(みる専門でできません)

漫画とアニメをみること

海外ドラマと映画をみること

3歳の甥っ子と遊ぶこと(超絶かわいいです)

 

*年齢

1992年生まれの24歳

 

*兄弟

3人兄弟の末っ子です!

歳の離れた姉と兄がいます!

 

*出身学校

神奈川県立弥栄高校 音楽専攻 卒業 

ぼくのクラスには男子が3人しかいませんでした。

女の人には逆らうべからず!というものを学びました。

 

東京音楽大学 フルート専攻 卒業

一般入試では不合格。浪人する前提で受けた二次募集的なやつでまさかの合格。

浪人する気満々だったのですっごく驚きました。

一般入試はスーツで受験。二次募集は私服で受験。試験官の先生の言っていることがわからず聞き返したりいろいろしました。

 

高校で学んだ女には逆らうべからず!がとても役立った!

特にフルートは女の人が多いのでたくさん気を使ってました、、、 

 

*職業

フルートを演奏、指導しています。

音楽活動しながら絶賛スープストックトウキョウでアルバイトもしています。

 

*フルート以外の楽器を吹くなら

ファゴット吹きたいです!!

オーケストラ、室内楽、ソロの楽器としてとっても魅力的だから

 

ブログを書く目的

 

*音楽、フルートを吹いている人、楽器を指導する人に読んでもらいたい

 

*演奏で何か問題を抱えている人の役に立ちたい

 

ブログを書くきっかけ

 

*いま通っているアレクサンダーテクニークの学校に行こうと思ったきっかけがブログでした。もしかしたら自分のブログが誰かの背中を押すきっかけになれるのかも!と思い書こうと決意!

 

ブログへの思い

 

*このブログを読んでくれた人が少しでも前向きな気分になれたらいいなと思って記事を書いています

 

*音楽をやっている人が『はやく楽器吹きたい』『音楽もっとしたいな』って気持ちに少しでもなってくれたら最高に嬉しいです

 

 

目標はヨーロッパでフルート奏者、アレクサンダーテクニーク教師として働くこと

 

のだめカンタービレの影響からか漠然と音楽するならヨーロッパというのがずっとあります!!やっぱり本場で音楽をしたいですね。

 

*いま通っている学校(ボディチャンス)のアレクサンダーテクニークのレッスンはパフォーマンスをする人にとってもあっていると思います。

いまは日本にしかないので、ヨーロッパでも広まったらいいなと勝手に思っています。

 

 

さいごに

 

 

いまやっているアレクサンダーテクニークについて書いた記事を載せておきますね!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

Twitterもちょくちょく更新してます!

よかったらフォローしてください!

 

フルートレッスンのお問い合わせは以下のアドレスにお願いいたします・

at.genki.okamotoアットgmail.com

 

レッスン詳細はこちらの記事をお読みください

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

ではまた!

 

フルートとの出会い

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です

 

みなさんは楽器との出会いはどんなものでしたか??

 

 

自分とフルートとの出会いはなかなか強烈でした。

今日はそのお話をします。

 

今日から岡本はフルートだから!! 

 

ぼくは中学校の吹奏楽部でフルートをはじめました。 

管楽器奏者のあるあるですね。

 

2・3年生の吹奏楽部の部員数はとても少なかったです。多分10人ちょっと。

 

仮入部期間中フルートパートに先輩がいないという理由からフルートを吹くことはありませんでした。

 

 

悲しいことに仮入部期間中にまともに音が鳴った楽器は一つもありませんでした。

 

 

本入部の日はとりあえず形がかっこいいからという理由でホルンの席に座っていました。

 

新入生が一人ずつ希望する楽器を吹きました。

 

ぼくは音を鳴らすことができませんでした。

 

 

そこで顧問の先生が『岡本にフルート持ってきてと先輩に言いました。

 

 

両サイドに先輩がフルートの頭部管を持ってぼくに口に当てました。

 

 

吹いてみたら『パーーー』って音が鳴ったのです。

 

『今日からお前フルートだから』 

 

これがぼくとフルートの出会いです。

 

わけもわからずはじめたフルートをまさかここまで続けるとは思いもしませんでした。

 

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

あなたにとって緊張はどんなもの??

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

夏は吹奏楽コンクールやソロのコンクールシーズンですね!!

たくさんのコンクールが毎年全国各地で行われています!

 

演奏するなら自分の納得する演奏がしたいですよね!!

 

もちろんコンクール以外にもコンサートや発表会などたくさんの場面で演奏することがあります!!

 

みなさんは緊張してなかなか本番で力を出しきれずに悔しい思いをしたことってありませんか??

 

ぼくはたーーっくさんあります!!
コンクール、大学の試験、入試、コンサート。あげたらきりがないです。

 

みなさんにとって緊張するってどんなことを言うんでしょうか。

 

緊張という一つの言葉でも、それぞれ違うことを緊張すると言っていると思います。

 

 

自分にとっての緊張ってなんだろう??

 

ぼくが緊張している時はこんなことが起こります。

 

*足がガクガクする
*心臓がバックバクする
*肩関節、肩あたりが固くなる
*口の中が渇く
*視野が狭くなる
*指が動きにくくなる
*アパチュアのコントロールがうまくいかない
*周りの評価が気になる 


ざっとこんな感じですかね。

 

みなさんも一度自分が緊張している時ってこんなことが起こっているなーって思い出しながら書いてみましょう!!

 

緊張している自分を受け入れる!!

 

自分が緊張したときにどんなことが起こるか書いてみましたか?

 

自分が緊張してる!と気がついたその瞬間からみなさんは何をしますか??

 

例えば

*緊張するな。

*落ち着け自分。 

*足がふるていたら、足のふるえを無理やり止めようとしたり。 などなど

 

実はこれ逆効果なんです!!

 

直接緊張状態をどうにかしようとすると余計に緊張状態を悪化させてしまいます。

 

緊張している自分を否定せずに緊張しているという事実を受け入れて認めましょう!!

 

これがとても大切です!!

緊張することがとても悪いことみたいに捉えるのは自分を苦しめるだけです。

 

さいごに

 

『緊張』って演奏するたびに直面します。きっと一生向き合っていくんだろうと思います。

以前の僕はは緊張しているなって思ったら

『落ち着けー、落ち着けー。』『心臓のばくばく止まれー』って繰り返し自分に言っていました。

そのときはまったく納得のいく演奏はできずに自滅しました。

 

ぼくは緊張しているときに何が起こるかを書き出すことと緊張している自分を認めることをしたらだいぶ舞台で落ち着いてできるようになったと思います。

演奏しながら『今日は足がふるえる日なんだ』とか『口の中が渇く日なんだ』って割り切れるように少しだけなりました。

それでも今までとはまったく違うものが出てきたときはすっごく童謡しますが。

 

緊張ってすっごく大きなテーマだなとこの記事を書いて改めて思いました。

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

お腹はゆるんでいた方が吹きやすい!!

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

管楽器や歌で音を出すときに『もっとお腹を使って!!』と言われたことありませんか??

 

お腹を使ってと言われて想像するのが腹直筋!

6つに割れる筋肉ですね。

 

腹直筋はとっても感じやすい筋肉なので、使ってた言われたらすぐに使えるんですが、全部にやっていたら大変です。

 

使えるところに使うのは賛成ですが、全部は吹くのがつらくなります。

 

腹筋について書いた下の記事を見てみてください。

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

お腹をゆるめるために試しほしいこと

 

〜その1〜

あぐらをしてひじをひざの上にのせて吹く。

 

f:id:okamotogenki:20170807230016j:image

 

こんな感じですね。

※フルート、歌はこの体勢でできると思います。他の楽器はもしかしたら難しいかもしれません。

 

〜その2〜

膝を曲げて、前屈して吹く。

 

f:id:okamotogenki:20170807230612j:image

こんな感じです。

※楽器が吹ける程度に曲げてみてください。

 膝を曲げることが大事です!

 

この2つの体勢は必然的に腹直筋がゆるんだ状態になります!!

 

 実験してみましょう!!

 

〜その1〜

腹直筋を『グッと』力を入れて吹く

 

〜その2〜

上の二つの体勢で吹く

 

腹直筋を使って吹くのと、ゆるんだ状態で吹くのはどっちが吹きやすいですか??

 

 

腹直筋がゆるんでもいい!!と自分に許可を出す!!

 

腹直筋をたくさん使って吹いていた人は、ゆるんだ状態で吹くと吹いている感覚がまったくしない感じがすると思います。

 

これは大きな変化です!!

 

ゆるんだ状態で吹けるようなるには自分で意識的に吹き分けることが必要です!!

 

つまり腹筋がゆるんでも吹ける!!ゆるんでもいいんだ!と自分に言ってあげることが必要です。

 

ちょっと気を抜くと腹直筋を使っていた吹き方に戻ってしまいます。

でも戻ってしまっても自分で気づくことができると思います!!

 

それは二つの吹き方の違いを知っているからです。

 

『また腹直筋に戻っちゃった、、、』って自分を責めることはしないで『ゆるんでも大丈夫。ゆるんでも吹ける。』って思い直してください!

 

 

さいごに

僕もお腹を使って!!と言われてもどうしたらいいのかずーーっと疑問でした。

ですが自分の思っているお腹の使い方がこれまでとはまったく違う方法で音色も良くなって息も出しやすくなりました。

 

それがおなかがゆるんだ状態で吹くことでした。

 

ゆるんだ状態で吹くとフォルテも今までよりも楽に出せるようになったんです。これはとても嬉しいことでした。

自分の音は小さいと思っていたので、、、

 

習慣を新しいものに変えることはとても根気がいります。

あせらずに、ゆっくり自分のペースでやっていくことが大切です。

 

ではまた。

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

息のとおり道はどこ??

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

楽器を吹くときに息をもっと吐きやすくなったらいいなーって方はぜひ読んでみたください!!

 

管楽器奏者にとって息は音楽を表現するために一番必要なものだと思います!

いろいろな音色やニュアンスを出すために息はとっても大切です。

 

僕は息の通り道をハッキリさせたことで以前より息が吐きやすくなりました。

 

 

息はどこからでる??

 

お腹!!って思っている人がいたら勘違いですよ〜

 

息は肺に入って肺から出ます!!

 

息はどこを通って口から出てくるの??

 

息は肺から気管支を通って口から出ます!!

 

 

気管支はどこにある??

 

見てみましょう!

 

f:id:okamotogenki:20170806184857p:image

正面からみた気管支

 

f:id:okamotogenki:20170806184916p:image

横からみた気管支

 

息のとおり道は結構カラダの前側にあるんですよ!!脊椎よりも前にあります!!

僕はアレクサンダーテクニークの授業でこのことを初めて知りました。

 

このことを知るまで自分の体感は、気管支は後ろにあるような感じがしていました。

 

 

実験してみましょう!!

 

よく管楽器や声楽で言われている

①息を後ろから響かせるように演奏する!

 

のと

 

②息のとおり道は結構前!と思いながら演奏する!

 

どっちが吐きやすいか。

 

 

 

僕は②の方が息も吐きやすいし、吸いやすくなりました。

 

みなさんはどーでしたか??

 

さいごに

 

今まで息の吐くことに関して具体的な考えがなかったので(後ろから〜はありました)、息の通る道を知ったことは大きな変化でした。

 

まだまだ楽器を吹く、息を吐くことに関しては勉強が必要だなって感じですが少しずつブログにもしていきたいなって思います。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンを受けるときに大切にしたいこと

こんにちは!フルート奏者の岡本元輝(おかもとげんき)です。

 

この1〜2年でレッスンを受けるときの考え方が変わりました。

教えるようになった!というのが大きい要因だと思います。

 

レッスンで失敗してもいい!!

 

今まで僕はレッスンに曲を持っていくときなるべく失敗しないようにって考えていました。

その考えは間違えだと気がつきました。

 

失敗しないようにレッスンで吹こうとすると緊張して自分のやりたい演奏ができないことが多発。

失敗したっていいじゃん!って思って演奏したほうが落ち着いてできます。(僕の場合)

 

せっかく練習したのに思うように吹けないのって悔しいじゃないですか!!

レッスンで失敗しないように!って吹いていると本番の舞台でも同じことをしてしまうんですよ。

 

だから可もなく不可もなくみたいな演奏になりがち、、、(自分がそうでした)

 

だったら今までの練習を信頼して失敗してもいいから今の自分を聴いてください!!って演奏したほうがいいと思います。

 

レッスンの時間は自分のためにある

 

レッスンは今の自分の演奏を聴いてもらう場所です。
そして今の自分を聴いてもらって先生からたくさんのアドバイスを頂きます。

 

*技術的な問題
*音楽的な問題
*精神的な問題 など様々だと思います。

 

先生のアドバイスはもちろん大切ですが、わからないことがあったら素直に質問することも大切です。

だってわからないままにしてレッスンが終わるのはもったいないです。


先生も聞いてくれた方が安心します。

 

先生に「この部分はどうやったらできるようになりますか?」って。

「私はこの部分をこうやって吹きたいんですが、もっとそれを可能にするためにはどんなことをしたらいいですか?」って

 

先生に聞くのって勇気がいりますが、全部自分のためなんです。

 

こんなコト聞いちゃっていいのかな?とか心配するより聞いてみましょう!

 

先生はきっと一緒に考えてくれると思います。

 

 

 さいごに

レッスンって受ける側にとって大事な時間です。でもただレッスンを受けて、「はい、やってみます。」とか「はい、練習しておきます。』じゃもったいないです。

もっとここをこう吹きたい!じゃあどうやったらできるようになりますか?って聞けるチャンスがレッスンという時間です。

先生のために吹いているわけではないんです。

自分のために吹いているんです。

どんどん積極的に質問してみるのもいいと思います!

ただ先生のアドバイスをもらってやるよりも、お互い意見を交換するレッスンの時間はとても有意義な時間になると思います。

 

ではまた

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

okamotogenki.hatenablog.com