アレクサンダーテクニーク教師の資格取得中!フルート奏者岡本元輝のブログ

楽器の演奏に役立つカラダとココロについて書いてます!

人と一緒に演奏することに恐怖を感じていた自分

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです。

 


アレクサンダーテクニーク(AT)をはじめた理由は単純で、もっとフルートが上手くなりたいから。

 

自分がATをはじめて少しずつカラダの使い方、考え方に変化が起きていくなかであることに気がつきました。

 

オーケストラ、室内楽などで目立つ部分を吹く時に思うように吹けなくなっている自分がいるのです。

 

 なんで吹けないんだろう。苦しい。自分はオーケストラ、室内楽は向いていないのではないか。

 

これは音楽家として、表現者として生きていきたいと考えている自分にとってとても苦しく、辛い現実、大きな壁でした。

 

 

どこを変えたら自分らしく音楽を表現できるようになれるのかを必死に考えました。

 


カラダの使い方よりも自分が人と一緒に演奏する時の考え方を変える必要があることに気がついたのです。

 

以前よりもカラダの使い方は間違いなく発展していっていることは事実として自分の中にあったからです。

 

カラダのことに関しては演奏しながらいろんなことを試したのですが、それでもうまくいかないのです。

 

 

今、必要なのは自分の考えなどを整理することでした。

 

 

オーケストラなどで演奏する時にどんなことを考えているのか、どんなことが起きているのか

 

*失敗を恐れている(自分の失敗がオケ全体のクオリティを下げると考えている)
*一緒に吹いている人の反応が気になる
*安全を求めている
*楽譜ばかり見てしまう

*周りの音が聴こえにくい 

*視野が狭くなる

 

なんでこのような考え方をするようになったのか。中学時代にさかのぼります。

 

中学2年生のときに出た吹奏楽コンクールでピッコロのソロを担当しました。

 

絶対に県大会に行くんだ!関東大会に行くんだ!と毎日一生懸命練習していました。

 

そのときコンクールで吹いた曲は『斑鳩の空』という作品でした。

最後の楽章にピッコロの長いソロがありました。

 

ものすごく緊張しました。

 

ソロを吹き始めた瞬間音が半音低くなっていました。

 

キィに水が溜まっていたことが原因でした。

 

結果は市大会『ダメ金』 県大会には進めずに夏のコンクールは終わりました。

ダメ金は吹奏楽コンクールで一番悔しい賞です。

 

この結果に対して当時の自分は、『ソロで失敗したからダメだったんだ』と思ってしまいました。

 

コンクールが終わった後、部活を辞めようとして親と喧嘩もしました。

こんな辛い思いしたくない。みんなに迷惑をかけたくない。

その一心でした。

 

それでもフルートは好きだからと、部活は辞めずに続けることにして今に至るのですが。

 

『自分の失敗が全体の出来に影響が及ぶ』ということを知ったおかもと少年は『安全な演奏、無難な演奏』を望むようになっていきました。

 

危険なことはしたくない。無謀なことはしない。安全に。

失敗して周りに迷惑をかけたくない。

 

無伴奏の曲はいいのです。自分一人だから。自分の失敗は自分として受け止められる。

ですが、オーケストラなどは違う。

 

オーケストラなどの仕事をするときにいつもこのことを考えていました。

ですがもうこの考え方はおしまいです。

 


【フル音源】組曲「斑鳩の空」(1997年改訂版)/櫛田てつ之扶/Ikaruga/Tetsunosuke Kushida ORMS-82004

 

自分が生き生きと演奏できているときにどんなことを考えているのか、 どんなことが起きているのか

 

*ハモりやリズムのときは楽しく演奏できている

*メロディやソロに対して自分がどう吹いたら引き立つのかを常に考えている

*一緒に吹いている人を観察しながら吹いている

 

書き出してみてわかったこと

 

*ソロや目立つところを吹いているときに自分が失敗しても傷つかないようにしている 

(自分のやりたいと思った表現を否定されるのを恐れている)

*周りの人の反応を恐れるあまり自分から距離を取っていた

*自分自身への信頼がない

*自分がソロを吹いているとき、周りの演奏者の人は引きたててくれる味方である。敵ではない

*自分のソロや演奏がオケの出来を左右すると思っていた。(責任を負うみたいな)

 

 

試してみたいこと

 

 *一緒に演奏する人と自分の距離が近くなるように寄り添うように演奏する

*一緒に演奏する人たちは味方で、ソロなど目立つ場所では引きたててくれる。自分はその上で吹けることを信頼する

 

さいごに

 

演奏者として成長していくためには自分自身への理解が必要だと改めて思いました。

昔の体験、言われたこと。自分の心の奥底に眠っています。

2018年はすっきりとした気持ちで迎えられそうです。

 

ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【フルート】高音域の音程でお悩みの方へ

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです。

 


フルートの高音域って音程が高くなりやすいので結構苦労するんです。

 

これをどうやったら解消できるかをずーっと考えていました。

 

わかりやすく、シンプルにしたいなと思って表にしました!

 

f:id:okamotogenki:20171210225539j:plain

この表はあくまでも目安として捉えてほしいです。

※高音域のmfは高音域を吹いているときを基準にしたときの『中間』と考えております

 

 

僕が練習していくなかでこのように意識的に息やアパチュアをコントロールすることで以前より響きや音、音程が安定するようになりました。

 

 

f:id:okamotogenki:20171210232659j:plain

 

これはフルート吹くときの息の方向を簡単に図にしたものです。

上目に吹くとき、真ん中目で吹くとき、下めに吹くとき。

 

それぞれ音色や音程に変化が生まれます。

こちらも上の図に合わせてたくさん試していくといろいろな音色に出会えます!

 

どうやって吹いたときに自分の好きな響き、音、音程に出会えるかをたくさん試してみてください!!

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

世界のフルーティストVol.5

こんちには!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

このシリーズを続ける理由は多くの人に世界で活躍するフルート奏者の方を知ってもらいたいからです。

 

指導する吹奏楽部の生徒たちは、吹奏楽の曲だけしか知らずにきたっていう子が多いです。

せっかくフルートという楽器に出会って吹いているのであればプロの演奏をもっと聴いてほしいというのが願いです。

 

ではさっそく今回のフルート奏者の方をご紹介します!!

 

ジェームズ・ゴールウェイ

 

フルートの世界では知らない人はいないのではないかってぐらい有名なフルーティストです。

 

イギリス人の彼はエリザバス2世からナイトの称号を受賞しているイギリスを代表するフルート奏者でもあります。

 

彼はベルリンフィルハーモニー管弦楽団でソロ・フルート奏者として活躍後ソリストとして活動するようになりました。

 

彼がベルリンフィルで活躍している当時の指揮者はかの有名なカラヤンでした。

オケを退団することを伝えた時は必死に引き止めようとしたそうです。

 

数多くのCDを出していて多くの楽曲を聴くことができます!

鮮やかな音色とテクニックにすぐに憧れを抱きました。

 

それでは彼の演奏をお聴きください。

 


James Galway - Concertino for Flute and Piano - Cécile Chaminade

 


The Flight of the Bumble Bee - Flute, James Galway

 

演奏中の心臓ドキドキは敵、味方どっち??

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

心臓ドキドキってどんなときになりますか??

 

 

音楽をする人の多くは演奏前、演奏中になると思います。

 

このドキドキって本番前や本番中にとっても気になってしまいますよね、、、

 

 

ですが『ドキドキを止めよう』と考えて演奏してうまくいったことはありますか???

 

 

ぼく自身の経験だとあまり納得のいく演奏をした記憶はないです。

むしろ悔いの残る演奏が多い気がします。

 

 

実はこの心臓ドキドキは人間の体が興奮状態になったときに起こる生理現象なんです。

興奮状態になると『アドレナリン』という物質が体内に発生するそうです。

 

だからドキドキを止めよう!としてしまうと逆にカラダの動きが悪くなってしまうんです。

 

 

よくスポーツ選手が自分の出番直前までカラダを動かしているのをテレビでみますが、動かし続けていないとカラダが動かしにくくなってしまうからだとぼくは考えています。

 

カラダを使うのは音楽家もスポーツ選手も同じです。

なのでドキドキを止めようとしたりすると自分のパフォーマンスに影響は出ます。

 

つまり心臓ドキドキは味方!無理に止めようとしなくてもいいのです!

自分のカラダは正常な反応を示しているんです。

 

 

この事実を知ってからドキドキは自分の味方になりました。

 

 

先日受けたコンクールでドキドキは演奏の途中からやってきました。

内心すっごく驚いてしまったんですが、これを知っていたのでドキドキを止めようとはせずにそのままカラダをドキドキに委ねました。

 

会場で友人がぼくの演奏を聴いていたのですが、冒頭よりも途中から演奏がよくなったと言われました。

そして冒頭のほうが緊張しているように見えたとも言っていました。

 

ぼくの感覚とは違う感想だったので驚きました。

演奏前、曲を吹き始めてからドキドキが起こるまでは頭はすごく冷静でした。

ですが今思い返すとカラダは少し硬くなっていたような気がします。

 

どこかで頭が冷静でいるためにドキドキを止めようとしていたのかもしれません。

 

これは自分にとって面白い体験でした。

 

余談が過ぎましたが、、、

 

ドキドキは味方であるということだけは忘れないでください!!

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

本番前・本番中はとにかくポジティブシンキング!!

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 


突然ですが、みなさんは舞台に立って演奏する時にどんなことを考えていますか??

 


舞台に立つ直前、立つ時にどんな考えをしているかで演奏に大きな変化を生みます。

 


ここで僕の体験を少しお話しましょう。

 

コンクール、卒業試験での体験

 

 

フルートコンクールは大抵一次予選が無伴奏作品を暗譜で演奏するというのが課題になることが多いです。

 

高校三年生のときに出たコンクールでのことです。

 

練習で何度も何度も暗譜で吹けていたはずの曲で次に何を吹くのかがわからなくなってしまい演奏が止まってしまったことがあります。

 

その時のことをよーく覚えています。

冒頭にダ・カーポして終わりに向かう途中のことでした。

 

本当に頭が真っ白になりました。

 

 

そのあと無理矢理曲を終わらせて舞台から去りました。

 

コンクールは一次予選で落選。当然の結果でした。

それから暗譜で吹くことが恐くなりました。

 

そして大学の卒業試験。

 

こちらも見事に暗譜が飛びました!
演奏が止まるということはなかったのですが、一ヶ所フレーズを飛ばして次のフレーズを吹いてしまいました。

 

この時見事についてきてくれた伴奏者の方には感謝しかありません。


この2つの暗譜が飛んでしまった本番には共通点があります!

 

共通点


どちらの本番も、舞台に立つ直前まで「暗譜大丈夫かなぁ」・「暗譜が飛ばないようにしないと」と暗譜のことばかり心配していました。

 

吹いている時も自分の練習してきた表現面よりも、暗譜のことばかりに捉われていました。

 

どちらも暗譜が飛ぶという結果になってしまいました。

 

 

本当に考えたいこと

 

暗譜以外にも、技術的な問題や緊張のことを演奏前、演奏中に考えることが多いと思います。

 

『できるかなぁ、、、』って考えるよりも『前向きなことを考えましょう』!

 

*この曲をどう表現したい? ⇨パレードみたいに楽しく明るく表現したい!

*誰に向けて演奏するの?  ⇨聴きに来てくれた家族のため

*なぜ自分は演奏するの?  ⇨楽器を演奏することが好きだから

*誰と一緒に演奏するの?  ⇨信頼する伴奏者や共演者

*どんな音で演奏したい?  ⇨明るい音・悲しい音・寂しい音 いろんな音で演奏したい

 

などなど

 

舞台に立つ前に自問自答をして『やりたいこと』を明確にすることをオススメします。

 

 

さいごに

 

正直今でも暗譜で演奏することは恐いです。

ですがそこに捉われて演奏することはもったいないのです。せっかく今までやってきた練習を否定し、自分を否定して舞台に立つのですから。

 

それよりも今の自分がやりたいこと・できることを最大限にやるということが大事だと思います!!

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

【フルート】ビブラートができるようになるオススメの練習法!

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです!

 

 ビブラートってどうやったらいいの、、、

 

そんな人のためにできるだけシンプルに練習法を教えます!!

 

 

ビブラートとは、、、音程を細かく上下させ、震えるように音を響かせること

 

結構ビブラートってシンプルなんです!

 

 

音程を上下にゆらすために何をすればいいのでしょうか!

 

 

ここを理解することが大事ですね!

 

 

音程を上下にゆらすために必要なこと

 

まずはフルートの特性を知ることが大切です!

 

*息の量を多くして吹くと音程は高くなります!

 

*息の量を少なくして吹くと音程は低くなります!

 

 

つまり音をゆらすために必要なことは『口から出る息の量を多くしたり、少なくしたりを細かくすること』なんです!!

 

 

練習方法

 

(1)息を多くだしたあとすぐに息の量を減らす (fpを吹く感じで)

 

音程が高くなって低くなるという大きな揺れができるようになります!

 

 

(2)リズムに合わせて音をゆらしてみる

 

下記画像のリズムパターンに合わせて息を多くだして息を減らすを繰り返します

 

4分音符から16分音符テンポに合わせて音をゆらしましょう。

f:id:okamotogenki:20171207224424j:plain

 手書きすみません。。。

 

 

(3)リズムに合わせてpで吹く・fで吹く

 

 

(4)音のゆらす速さをだんだん速くしたり、だんだん遅くしたりする。

 

(5)(4)に合わせてクレッシェンドとディミヌエンドをする

 

この段階までできるようになるとビブラートを意図的にコントロールできるようになったと言えると思います! 

 

 

この練習はフルートがなくても遊び感覚でできます!!

なので歩いているときや、電車を待っているときなどのスキマ時間を利用してやるとすぐにできるようになります!!

 

 

ぼくも今でもよくやってます笑

 

ではまた!!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはやってみる!を大切にしたい!

こんにちは!フルート奏者のおかもとげんきです。

ボディチャンスの先生たちはレッスンで「えっ!?」と驚くような提案することがよくあります!


音楽をやっている先生、役者をやっている先生。ヨガをやっている先生。
経歴は様々です。

 

共通点はアレクサンダーテクニークの教師であるということ。

 

「えっ!?」という提案を実際にやると自分でも驚くぐらいよくなるんです!

 

「今までの苦労はなんだったんだ」と思ってしまうぐらい。

 

様々な人生経験を積んだ先生たちのレッスンは毎回新しい自分に出会うことができるのです。

 

こんなレッスンはなかなかないです。


*「音楽をやっている人」ならではのレッスン

 

*「音楽をやっていない人」ならではのレッスン

 

それぞれに魅力がいっぱい詰まっていて毎回驚きの連続なんです!


これはアレクサンダー教師の魅力だと僕は思っています!


演奏がよくなるのも新しい自分の1つですが、自分自身の考え方が新しくなっていくんです!


そんな考え方があったんですか!!って。


ボディチャンスに入ってからよく自分の中の価値観?みたいなものが崩壊しています笑

 

これはとってもいいことだと思っているんです!

 

僕の場合「これはこう!」と選択肢を狭めがちだったので、考え方の視野が広がることで精神的に落ち着きました。


まだまだ考えの振り幅が狭いなと感じていることがありますが、これからもっと変わっていくんでしょうね^ ^


アレクサンダーテクニークをはじめてからやりたいことを諦めるのはもったいない!って思えるようになりました。

 

だって人生は一度きり!


やらずに後悔するならやって後悔したい!なんて考えれるようになりました!

 

失敗も人生を豊かにするほんのスパイスにすぎないのであれば、その失敗から自分がどうなっていくのかが楽しみです笑

 

どこか消極的だった自分がこんなに前向きになれるとは思いもしませんでした。


この先のことはあまり決めていないですが、それもアリかなって思ってます!


何が起こるかわからないのが人生ですからね!

 

 

ではまた!

 

 

okamotogenki.hatenablog.com

 

 

okamotogenki.hatenablog.com